Read Article

運命の人なのか不安!別れても戻るって本当?どう信じて何をすべきなのか

運命の人なのか不安!別れても戻るって本当?どう信じて何をすべきなのか

この人は自分にとって運命の人だろうか?
運命の人だったらいったん別れても戻ることになる、と聞いている。

だから何かの不都合で別れても戻るから大丈夫、安心していると良い、という人も多い。

考えれば当然だけれど、運命の人かどうかなんて誰もわからないはずだ。
別れても戻るなんて保証などない。

けれど、やっぱり縁とか巡り合わせには誰だって頼りたいはずだ。

そんな時、どう考えれば良いか?
何をしたら良いのか?
お伝えしてみよう。

スポンサードリンク

「運命の人」「別れても戻る人だから」に振り回されないこと

ただ最初にはっきりさせておきたいけれど、「運命の人 」という人間。

もちろん貴方にとって、それこそ「いったん別れても戻る」くらい縁が強い人、あるいは一生を添い遂げてくれる伴侶となる男性。
ふつう、そう捉えるはずだ。

けれどはっきり言ってしまうけれど、そんな風に自身にとって「運命の人」という男性があらかじめわかることは絶対にない。
これはぜひ理解しておいていただきたい。
赤い糸
そういう運命の人という捉え方、あるいは「運命の人なので別れても戻るに違いない」という考え方は単なる“飾り立てた”、“聞こえの良い”表現でしかない。

むしろそういう言い方に依存したり、振り回されてしまったりして、出会いに消極的になったり、あるパターンの男性にばかり偏向、依存してしまう方が問題だ。

後付けで、または装飾的に「運命の人」と定義づけているに過ぎない

実際貴方の会った男性の内、別れても戻るというだけなら、これまでの人生の中でいくらでもいるはずだ。

別に未婚とか、あるいは男性女性の区別なく思い出していただければ良いけれど、そういう風に間口を広げてしっかり見れば、沢山いる。

そして、その中でたまたま男女の出会いに間口を限定して絞り込んでみた場合でも同じ事が言える。

たまたま別れても戻る事になった、貴方と再会することとなった男性は単に一人だけとは限らないはずだ。

そのうちの一人について、自分でもそれが運命の人だと思い込もうとする。
そういうこちら側の心理的な努力が陰で動いていることも忘れてはならない。

結局はそういう現実に、後付けとか装飾の意味を自分自身で盛り込もうとし、そうして出来たのが「運命の人」になる。

別れて何年もしてから戻る時も基本的に同じ

それでも中には
「あの人と別れたのがもう5年10年にもなる。それでも偶然につい最近ばったり出会った」
とか、
「こんなところで思いがけない再会を果たした」
など、様々に根拠を述べて別れた男性との再会の偶然さを強調する方もいる。

確かにそういうこともあるだろう。
けれど、それでもその男性を「運命の人」という以前に、やっぱり偶然の出来事”と言って良い。

その理由は、まさしく“偶然”だから。

私だって同じ経験もある。
中には高校時代に親しくしていた友人と、5,6年後に東京駅の地下道でばったり再会したことだってあったりする。

深い意味なんてない。
本当に偶然なのだ。

だから別れても戻る、ということに過度の期待はすべきではない。

それよりももっと大切なことがある。

スポンサードリンク

自分で「運命の人」を創り上げていく努力を

もう一つ、正直に明かしてしまうと、私自身はあまり「運命の人」という言い方を軽々しくすべきではない、と考えている女だ。

なぜかというと、そうそう人の運命なんてわかるものではない。

だからそういう人がいるとすれば、元からいるのではない。

あくまでも貴方自身ががんばって出会い、お互いに二人で努力して将来を築く。

その中で、そしておいてこの世から去る段になってみた時にこそ
「この人こそは自分にとって運命の人だった」。

そう言いきれるはずのものだからだ。

だから軽々しく言うべきではないし、それ以前にしっかりした出会いを望んで努力すべきだ。

確定的な未来は誰もわからない

そしてまた、自分自身を磨く努力を忘れるべきではない。

もちろん占い師とか、霊能者とかそういう筋の人たちに聞けば一定の回答は得ることも出来る場合がある。

けれど、それだって確定的な未来を言えない。

私も多少ともそういう筋の感覚がある人間の一人として、特に強調しておきたいけれど、人の運命なんて「そういう雰囲気がある」程度のもの。
後は本当に“後付けで”そう本人が思い込む要素が強い。

どこで誰と出会う事になる、これからどういう未来がある、などという様に自分自身の出会いや未来を言い切ってしまうのは、ある意味“努力の放棄”に繋がるからだ。

生涯仲良く添い遂げるパートナーとなる人と出会いたい、結婚したい、と願うのは女性の本質的な気持ちでもある。

でもそのためには自分自身でもなにがしかの努力をしなくてはならない。

女性としての部分を磨いたり、仕事や婚活に励んでグレードアップを目指したりすることも大切になる。

自身の気持ちを大切に

だから一口に言えば、別れても戻るからと言って、生涯のパートナーになるとは限らない。
単なる友人同士として貴方の元に戻ることだってある。

「運命の人」でなくても別れても戻る人はいくらでもいる、というのは上でお伝えしたとおりだけれど、そういう判定を下すよりも貴方自身の気持ちはどうなのか?

本当にその人と添い遂げたいと願っているのか?
その気持ちのあり方の方がより大切になるはずだ。
カップル
別れても戻るから運命の人だった、戻らないから違った、というのは自身の未来について責任が弱い感じもする。

同時にまた、相手の男性への思いのあり方も問題があるのではないだろうか?

大好きな人ともしも別れたらどうすべきか

そこで最後に考えておきたいこととして、貴女がもし今後、最愛の人と何らかの事で別れたらどうしたらよいのだろうか?

運命の人だったら別れても戻るから、と安心して何もしないでおくのか?

私は、そういう別れた時こそお互いの関係を見直したり、改善すべきところは改善していくチャンスだと思う。

戻ってくるよう努力する余地があれば良いけれど、それが出来ない場合はそれこそ運命に任せるしかない。

けれどもそんな中でも自身の欠点や二人の関係の有り様を反省したり、修正できるところを探して観たりすることだって出来る。

仮に再会したりよりが戻らなかったとしても、それでお互い向上できるはずだ。

運命の人とは自分自身で努力してつくるもの。
ぜひ幸せを求め続けていただきたい。

神野天希(かんのあまね)

スポンサードリンク
Return Top