Read Article

彼女できない!俺もう諦めた、と大の30代のセガレに宣言されて青くなった母親な件

彼女できない!俺もう諦めた、と大の30代のセガレに宣言されて青くなった母親な件

笑えない話だが、女の方でもさんざん彼氏できない、諦めた、と嘆いている私達30代・アラサー女性の嘆きに対して、男性陣も負けていない。
と言うか、女性以上に現実に絶望的になっている。

「俺もう彼女できないから結婚諦めた。しょうがねーじゃん?」という30代の男。
お恥ずかしながら私の愚弟だ。
姉の私が私なら、弟のコイツもまた彼女できない「非モテ系」男子で今年めでたく(!)30代になってしまった。

でもそういう諦めた様子というのは、私にとっては合わせ鏡のようなものかもしれない。
結局30代だろうと40代だろうと今の世の中、よっぽど恋愛に向いていない、結婚すらままならない男女が多すぎる。

彼女できないと語るこの弟も、20代から私のすすめで婚活も嗜んできたがことごとく失敗。
はっきり言って男だけれど私よりも心が折れやすい。

でも男なら30代ってまだいくらでも望みあるじゃん、みたいに私も背中を押したりするけれど、最近なんだかうんざりするような振られ方をしたらしい。
彼にとっては相当な“事件”のレベルだったようだ。

だがそれでこりたらしく、母親にそういうことを放言してふてくされてしまった。
はっきり言って、弟はともかく、 私もふと考えたりすることがある。

特に女の場合、肉体的な都合もあるし、30代に入ってその前半、鳴かず飛ばずが続くようなら諦めた法が良いのでは?
そして後半になったら吹っ切って残りの人生を独身で通したほうが気が休まるのでは?

おそらく同じような境遇の女性だって多いだろう。
いろいろなボヤキを含めて、そういう方たちのために何かの参考にとお伝えしてみたい。

スポンサードリンク

男性は女性よりもデリケート?彼女できないとか、非常にショックに過敏なところも

よく取り沙汰されているとおりだが、どうしても彼女できないで、諦めたという男性。

別に私の弟だけに限ったことではなく、結婚適齢期となっている日本の男性、20代〜30代の方たちのうち、彼女できないで諦めた、という心境になっている人たちは全体の半数超もいることが、ある情報バラエティB番組の調査によって明らかになっている。

女性の方でも確かに恋愛未経験、彼氏なしで30代、40代と過ごす方が増えているけれど、男性の方はそういう女性の統計をはるかに輪をかけるような凄まじい内容になってしまっている。

弟の様子を見たりして私も思うのだが、男性というのは一見女性よりも肉体的、精神的に強そうに見える。
けれど実はそうではないようだ。

特に女性には理解出来ないほどにナイーブなところ、そして神経質だったりデリケートだったりすることも多い。
自分に弟のいる方なら何となくおわかりではないだろうか?

そして男女の関係というのは、おそらくだけれど女性よりも男性の方が気負ってしまうし、うぶすぎるところもあるように思える。

私の僅かな恋愛経験を通してみると、そういう男性にたまたま当たったのかもしれないけれど、どうしてもそういう思いに駆られてしまうのだ。
いかがだろうか?

そして、だからこそ彼女できないからもう俺は諦めた、と私の愚弟のように万事にさじを投げてしまうような放言も軽々してしまい、人生に自分で終止符を打とうとしてしまうこととなる。

そういう男性のデリケートさ加減が、結局20〜30代にかけて女性よりも恋愛とか出会いに見切りをつけて
「これ以上どう頑張っても無理無理。俺なんかもう彼女できない。もう諦めた。構わないからもうどうにでもなれ、だよ」
となってしまう、そういう男性の数が女性のそれを上回ってしまうのではないだろうか?

独身

男と女の出会いの場がなさすぎる?

ただ、同じ30代という共通項はあるものの姉の私と弟は、ひとまず男と女の関係になる。

そこでどうしても腑に落ちないのだが、結局のところ男の人達の方でもなかなかこうして彼女できない苦しみにさいなまれ諦めた、もうどうにでもなれ、とばかりヤケを起こしてしまう。

でもそれと全く同様のことが女性の方でも起こっている、ということをここでぜひお伝えしておきたいのだ。
女性で独身、30代ともなれば婚活の厳しさも雲つかむようなとんでもないレベルになってしまっている。

確かにそういう将来について否が応でもそろそろ自分で立ち位置や将来のあり方を決めようとする時期に差し掛かってくる。

しかしながら男と女、双方で同じように彼女できない、彼氏できない、と嘆いているのはなんと皮肉な突き合わせではないだろうか?

この原因はただ一つ。
社会の中にしっかりとした男女の出会いを取り持つ環境がない
という一点に尽きるのではないだろうか?

ただ、人によっては
「婚活サイトや婚活パーティー、そして結婚相談所など、それでもたしかにそういう出会いを取り持ってくれるシステムはあるじゃないか?」
ということを言うかもしれない。

だがそういう婚活業者、一体どこまで信頼性があるのか?
そしてどれほどに実績があるというのだろうか。

結局のところ、企業である限りお客の結婚希望者からはお金をもらうのが究極の目的。誰でもわかることだし、実際そう動いていると言ってよいはずだ。

私自身、そういうことが一つの原因となっている今の婚活業界のあり方が結婚する比率、結婚を諦める男女の増加を招いている、と思っている女の一人になる。

自分の婚活の失敗を業者とか、第三者に責任転嫁したくはないけれど、どうしてもいまの婚活のあり方、さくらもいれば経歴詐称も許してしまっている。

そしてなまじ企業である限り、そういう「不手際」の責任の負担も良かれ悪しかれ法に守られる。
その結果、私たちは業者を信じられていない。
頼り切れないのだ。

こういう状態、すごく中途半端になってやしないか?

スポンサードリンク

お見合い結婚の復活が一つの希望ではないだろうか?

だから30代に入っても一度として恋愛経験もない弟が彼女できない、これ以上はムリだもう諦めた!という弟の嘆きもショックは受けるけれどある意味当然の気がしてならない。

男女の出会いは日本の場合、特にデリケートで、欧米のように「狩猟」、つまりハンティングの生活でできあがった、女性を「射止める」習慣が日本人には育っていなかった。

そのためになまじ戦後、アメリカや欧米の習慣が中途半端に入り込んで、従来から続いていた日本流のお見合い結婚が廃れてきてしまったように思える。

お見合い結婚は言うまでもなく、仲人という第三者を仲介して男女が結婚を果たす方法だ。
そこには恋愛のように主観的な二人の間の思いだけでなく、第三者たる仲人からの客観的な当事者の評価、保証までが含まれている。

だからこそ日本人の結婚は安心できた。

また、今結婚の形態の9割とも言われている恋愛結婚のように、ゆく先々のことについて、深刻な問題が出てきたときには二人「だけ」で悩んだり問題解決をする必要もなかったはずなのだ。

仲人を司る人というのは、近隣社会での社会的地位が高かったり、それなりに名士だったり周囲からの信頼性もある人が任に当たったわけで、そういう人のバックアップによって、結婚する当事者二人の信頼性も早くからしっかりしたものになれた。

はっきり言ってしまってみれば、他の海外諸国の事情はともかく、私達日本人にとっては長い目で見てもこういうお見合い結婚のほうが着実で良いのではないだろうか?悩み

私の悩み事―彼女できないからもう諦めたという30代の弟に何といえばよいか?

そういうふうにして、今の婚活事情についてまで縷縷語ってしまった。

だが実際のところはもちろんそういう大きな枠ではなく、いちばん身近な弟の件、つまり
「彼女できない。これ以上同頑張ってもムリだから諦めた。死ぬ時には自分で墓穴掘って棺桶作って入るから」
という30代の彼を、励ますべきか、逆に諦めが肝心と背中を押すべきか?
色々悩んでしまうこととなっている。

母はそういう息子を見て、「耳に栓したい」と語っている。
完全放置状態だ。

もちろん30代になった大の大人なのだから、全ては自己責任で当然かも知れない。
けれどもちろん私や母も血縁であるし、文字通り他人事では済まされない。

私はある人に言われたことを思い出し、それを彼に伝えている。
切羽詰ったときには、一晩たっぷり寝て頭がスッキリすれば何のことはなくなる
ということだ。

要するに時間の経過。
そしてメンタルのリフレッシュ。

気持ち的に性急になったり短絡になったりするのは、一つには落ち着きがなくなってきている証拠でもある。
そういうときには一呼吸、二呼吸おいて、少し時間を置くこと。
そして落ち着いた時、再びじっくりと考えてみればよい。

どうしても彼女できないとか、諦めたと言うのはくどいようだけれど30代の男にとってはあまりにも性急だ。

むしろしっかりと自分に落ち着きを取り戻して、その後でどうするかは考えたほうが良い。
今の時点では少なくともこう言うしかないに違いない。

水野江麻

スポンサードリンク
Return Top