Read Article

運命の人の特徴は顔が似てる以上に何かが近い?会えばわかる不思議な感覚の体験!

運命の人の特徴は顔が似てる以上に何かが近い?会えばわかる不思議な感覚の体験!

運命の人に早く出会いたい、というのはどんな女性でも持つ願望だ。
その特徴として顔が互いに似てることがよく取り上げられたりする。

けれど実のところ体験した人の話を聞いてみると、単に外見が似てるだけではない。
もっと内面的な、すごく深い部分で二人がつながっている、それを感じる特徴があるというのだ。

そういうのが運命の人だと言われるにつけ、一体どんな顔をしているのか、より出会って見たくなるのが人情。
どんな風に自分と似てるというのだろうか?

スポンサードリンク

運命の人は一緒にいるだけで何かほっとできる人

運命の人の特徴は、まず一つ最初に言えることとして、親しくなって語らうと言う普通のんれんあいと葉違っていると言うことだ。

普通だったら様々に将来のこととかいろいろな好みなどを話ながらお互い理解し合い、その上で関係を徐々に作っていくようにするものだが、運命の人というのはいわばそういう手順を踏まなくても、すごくお多大の心の底の方まで分かってしまう、という不思議な特徴があったりする。

よくそういう人とは男と女の違いを超えて顔付きなど、主立った特徴が似てる、などと言われるけれど、これも不思議だが二人を観察している第三者が勘のよい人になるほどそういう印象が強まるようだ。

だから特徴として顔が似てるというのは、単に外見だけが似ていると言うよりは、スピリチュアルなインスピレーションのようなもので観察した場合、閃きのようなもので似てるというような判断のようらしい。

何も語らなくとも不思議と一緒にいるだけで気が休まる、という関係。
私たちもそういうことは自分の両親兄弟と一緒にいるようなときによく体験することが多いと思う。
要するにあの時の感覚とうり二つ、ということと考えてよいだろう。

面白いのは、たとえ肉親であっても逆に運命の人、つまりよく言うソウルメイトの関係にある人の方がすごく居心地がよい場合もあるようだ。

単に外見上、顔だけなら確かに肉親の方がより似てるのかも知れない。
だが、逆に同じ兄弟でもケンカばかりしていたり、親子で仲がよくない場合だってあったりする。
そういうケースと比べた場合むしろそういう運命の人との方がトラブルなく過ごせたりすることもあるらしい。
ハート

何を考えているかピンと来る?次の行動が手に取るように分かる

運命の人との特徴はそれだけではない。
思考や心の中で思っていること。
そういう内面的なものでさえ似てる、というのだから驚く。

どういう風に似ているかと言えば、たとえば相手の顔を見つめているだけでどんな思いで今いるのか、何を考えているのか。

普通では輪分からないことだとは言え、なんとなくピンと来る、というか、当たっていなくともそういうものを「反応」として感じるという。

どこかで何かが似てるというべきなのか。
よくスピリチュアル的にはツインソウルとかソウルメイト、という言葉でこういう「現象」をとらえ、要するに魂のレベルでつながりが深いことを意味するようだ。

外見よりも心、心よりも魂の方がヨリ深い人間の実相だと言うことになるだろうし、そのレベルで特徴が同じとか似てる関係の人に出会うチャンスが巡ってくれば、これ以上に結婚や恋愛で嬉しいことはないかも知れない。

難しいのはたいていの場合は初対面で、何気ない日常の場で過ごしてしまう関係が多いかも知れないから、うっかりしてしまうことも出ることもあるはずだ。
運命の人とはそういうところで気づくかどうか、出会いが試されていると言うこともあるかも知れない。

スポンサードリンク

不思議ともう会いたくないという感情が湧かない、むしろ会いたい、初対面でもどことなく懐かしい気持ちが浮かぶ

最後になるけれど、一番内面的な反応として、そういう運命の人とはお互い引きつけ合う関係になる、といわれているものだ。
だから初対面でも悪感情が湧くことは少ないし、むしろお互い不思議に暖かな好感を持つことが多い。
そしてこれもよく言われることとして、初めて会った気がしない、それどころかなんとなくどこかであったことがある、むしろ懐かしい気がする。

もちろん以前会ったことなどないはずなのだが、そういう気持ちの深い部分で反応するのがこういう運命の人の特徴となる。

こういう風にざっと特徴を挙げてみたが、その運命の人というのは、特に顔が似てるということについて言えば、当たっていると言えるし、またそうでないとも言えるようだ。

経験したと主張(?)している女性などの話によれば確かに全然赤の他人同士なのに、お互いの思考や顔立ちも「どことなく」似ている、というものになる。
でも別な人が見れば似てないとも言われたことがあるとも語っている。

これがすごく難しいポイントだろう。
ハート

感を磨くことも運命の人に出会うチャンスを増やす?

そういう感の強い人が見れば似てる、と撮るかも知れないが、そうでない人が見ればまさにそうではなくなる、そういう可能性だってあったりする。

となると、結局のところそういう運命の人に出会えるようにする、それを望もうとする人はどうすれば良いのだろうか?
こういう問題にさしかかるはずだ。

その際にははっきり言って決め手となる良策のようなものはない、歳か言い様がないだろう。

だが、それでも足がかりのようなものがないわけではない。
一つにはそういう特徴、直感的なレベルで「私とあの人とは顔が似てる」と判断できるような勘を持てばよいわけだ。

だからそういう勘を養う方法を実行してみる、というのが一つあるだろう。
そういう筋で秀でた人に尋ねるチャンスがあればよいかも知れないが、非常に問題の多い方法でもあるから決しておすすめできない。

まずは自分の気持ちを落ち着けて、しっかり勘を養ってみるよう努力すること。
これが第一に大切になる。
自己責任だけれど、できる範囲でトライしてみるとよい。

神野天希(かんのあまね)

スポンサードリンク
Return Top