Read Article

北斗晶の余命が2017年再び噂に?あれだけ食べてちゃどう考えてもヤバいかも!

北斗晶の余命が2017年再び噂に?あれだけ食べてちゃどう考えてもヤバいかも!

北斗晶さんの旦那、佐々木健介さんの心労を察してちょっと記事を。

余命の噂が2015年の手術当時、噂にもなっていた乳がんの北斗晶さん(49)が、この2017年、病気療養中にもかかわらずガンガン食べたいものを食べまくっている、という。

北斗晶さんは15年9月に乳がんの手術で右胸部全摘出するという大手術を行っていた。
その際、余命の噂も飛び交っていたのだが、その予後はすごく良好で、16年11月には芸能界復帰を宣言している。
2017年現在、「あさちゃん!」(TBS)にも出演中。

だが元気になったのは良いけれど、今ではものすごい食欲を見せていて太り過ぎくらいに太ってきているらしい。
いったいどういうことなんだろうか?

スポンサードリンク

乳がん手術当時の余命の噂が嘘のよう?あの心配は何だったのか?

2017年そうそう、そういう妻、北斗晶さんの食べっぷり、太りっぷりを心配して傍らで見ている佐々木健介さん(50)は
“(彼女のために)僕は心労で10㎏やせました”
と、デイリースポーツの取材に答えているようだ。

考えて見れば佐々木健介さんも元プロレスラー。
その彼でさえ、同じ元女子プロレスラーとはいえ北斗晶さんの食べっぷりを心配しているくらいなんだから、とんでもない食欲のはずだ。

もちろん北斗晶さんが乳がんで、2015年9月に右胸部全摘手術を受けたときには、それこそ命の瀬戸際だということで日本全国が注目していた。

そして当時、彼女の余命がもう1年もないとか有るとか、それこそ根拠のない噂がネット世間を中心に出回ったりしたものだった。

だがそういう彼女の2017年のブログ記事。
食べ物をテーマの記事を見てみればすごいすごい。

がん患者どころか普通の人たちの手に余る、というより口に余るくらいの量の献立やメニューがわらわら出て来るのだ。

いったい2015年9月当時、あれだけ世間から心配されていた北斗晶さんの乳がん手術と病状の行方。
それに加えて今では憶測ばかりと言えるだろう余命の話。
私も含めて、あの心配は何だっのか?

私もそういう彼女の記事、そして料理の写真。
はぁーと感動して見入ってしまう。
ステーキ
「あさちゃん!」で料理コーナーを担当しているので、その番宣みたいな毎日なのだろうか?
いちいち指摘はしないけれど、見ているだけでげっぷが出るのはきっと私一人ではないだろう。笑

医師の警告もスルー?

もちろん北斗晶さんがだからと言って仮病などでは毛頭無い、本当の乳がんだし、ステージも末期とまでは行かないにしても「Ⅱb」。
5年生存率が50%という、相当に危険な状態だったことはまちがいないだろう。

事実北斗晶さんは手術と前後して抗がん剤治療によって頭髪が抜け落ち、終いには坊主頭になってしまっている。
そして手術後の、右胸部にテープを巻いて全摘出したその姿をありありと写真画像に示したりしているのだ。

そして2017年現在でも、いまだ薬剤投与は続いているとも聞いている。
その彼女、医師の指示通りの食生活をする気配もないんだとか。

脂っこいもの、こてこて料理。
それこそ抗がん剤治療による食欲減退など、まるで関係ないような食べっぷりらしい。
旦那の佐々木健介さんが心配になるのもムリはないだろう。

北斗晶が今の食生活で無事なのか?本当に2017年は危ぶまれるかも

決して進んで縁起でも無いことを言うつもりはないのだが、少なくとも同じ乳がん患者として、元アナウンサーの小林麻央さんのようなケースと比較すると、食生活とか病気に対する配慮。

そういう一般的ながん患者の方たちと比較して、北斗晶さんは180度真逆に生活を送っている、と言われているのもムリはないかも知れない。

だからおそらく主治医を含め、医療関係者による専門的な目で見れば、今の彼女、明らかに自分の余命を削っているようなもの、と言う風に考えてしまうのかも知れない。

スポンサードリンク

 

だが一方の声として、そういうがん患者の療養生活を間近に見て経験している方たちを中心に、むしろ本人がそういう旺盛な食欲を見せ手いるんだったら、思い通りにさせてやった方が良い、という意見もあったりする。

私も身内にそういう人がいたりするので、あまりこういう方たちの予後について教科書通りというか、正論ぶった言い方をするのも難しいと感じている一人だ。

確かに患者本人の健康状態は心配になる一方で、また一方、そういう大変な病気にかかっているだけに本人の希望も尊重させてあげたい、という気持ちも浮かんでくる。

でもそういう意見の狭間で堂々と自分なりに毎日を生活している北斗晶さん、その食生活の善し悪しは別としてやっぱりすごい人だというしかない。

北斗晶の功績:全国の女性たちに乳がん検査の必要性を認識

その彼女の食べっぷりについては、そういうわけである情報サイトの書き込み欄など、激烈な賛否が渦巻く状態が続いている。

そういう議論にはタッチするのは私も避けたいが、少なくとも彼女自身、おそらく15年当時の手術の時以来、噂にせよ自分の余命のことなどが飛んでいたことについては十分知っているはずだ。

そういう風評に対する苦労もおそらくは小さなものではなかっただろう。

ただ、でもそういう話とまた別に、2015年に北斗晶さんがブログやメディアで自身の乳がんを発表して、手術の大変さとともにこの病気に対する認識度を世間にアピールしてくれてきたことは何と言っても大きな功績だ。

特に2017年現在に至る間、彼女のお陰で乳がん検診を受ける女性が激増したことは
紛れもない事実となっている。
ピザ
もちろん多くの女性たちが感じているように、乳がん検診で受けるマンモグラフィーやエコー検査、これだけではどうしてもはっけんできないがんもある。

実際北斗晶さんは、2014年秋に乳がんの定期検診を受けて、異常なしの診断結果を受けていたという。
しかしそんな彼女が自分の胸に乳がんのしこりを発見したのはそれから半年もしない、翌2015年1月のことだったと言われている。

乳がんにもいろいろあると思うけれど、このように恐ろしい進行速度を持つ乳がんさえある。
不幸にも彼女はそういう乳がんにかかってしまったわけだが、少なくとも2017年現在、あの15年9月の悲壮感は表面上見られなくなっている。

食事のありようが旦那の佐々木健介さん同様、多くの方にとって心配の種にはなるかも知れないが、良い意味でプラスに働くことを祈りたい。

丸山さくら

【追記】
記事内容を修正しました。(2017/07/29)

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958