Read Article

早婚で後悔多いのは想定内?気の毒だけれど、私たちにとってはすごく深いものがあるかも

早婚で後悔多いのは想定内?気の毒だけれど、私たちにとってはすごく深いものがあるかも

20代前半などで結婚した、いわゆる早婚。
その場合、後悔多いということがよくある、という話。

肉体的には早婚だったら女性も出産や子育てには適齢期かも知れないけれど、よくよく他の条件を考えれば、確かになかなか上手くいきにくいという部分はあるのかも知れない。
心や社会経験が追いつかなくて、後悔多いことが目立つ、それが早婚の特徴というところかも。

それに対して晩婚者の方はこれも不思議だが、あまり不幸だと主張する人は少ないし、むしろ幸せ一杯に過ごしている、という感想を持つ女性が多い。
この件について、30代未婚の目線から思ったことを語ってみた。

スポンサードリンク

早婚だと相手の欠点ばかりをあげつらいがちで、それが後悔の布石に

早婚というのは、ある意味すべての結婚の中で一番理想的なもの。
後悔なんてとんでもない。

私も20代とかさらにその前の10代、そして大学生時代にはそういう風に思い描いていた。

お互い一番若くて美しい時に結婚したらどんなに幸せだろうか、などと言う案配だ。ところ大学を卒業して就職、そのまま仕事に追われるなか、そういう理想はどこかへ置き忘れたまま、今のアラサーになってしまっている。

私にとっては20代に何の出会いもなかったことこそ後悔のタネになっているわけだが、友人の何人かもそういう20代前半の早婚をした女性がいる中、そのうちにはすでに同じ20代で離婚してしまっている人もいたりする。

それがよく聞いてみると、早婚だとやっぱり離婚率はかなり多い。
それだけ後悔多い結婚ことにもなるかも知れないが、実のところ30代前半でもやっぱり離婚率は高いのだ。

「離婚率が高いこと」とイコールで「後悔が多い」、というとらえ方ができるかも知れないが、早婚の場合にはとりわけ感情も鋭利な分、そういうマイナスな気持ちは強くなるのではないだろうか。
夫婦ゲンカ
ちなみに年齢別で女性の離婚率を見てみると、20代前半だと40%、20歳前の未成年では何と60%にも達する。
もちろんこの年齢層がダントツで多い。
未成年者の場合には成婚数が元々少ないし、経済的にもよけい不安定になるためかも知れない。

相手を見抜くよりも見ようとしない早婚

早婚でなぜ後悔多い結婚生活を続けることとなるのだろうか。
そこには私なりに考えてみて、元々恋愛結婚したという大きな弱みもあるように思う。

恋愛している最中はお互いに気に入られようとするし、また相手の良いところしか見ようとしない。
相手の欠点を見抜けないのはどんな年齢になっても同じかも知れないが、早婚下二人はそれに輪をかけて、「見ようとしない、考えようとしない」という独りよがりみたいな弱さがある。

人間だから当然長所も短所もあるし、不快なところや見過ごせないような癖まで有るものだが、それをあえて見ようとしないのが恋愛結婚になるはずだ。

ところが結婚生活に入り出すととたんにそういうマイナスな部分と向き合う生活になるしかない。
そういう風に、相手の良いところだけを見ようとしていた反動で、よけいに相手を受け入れなくなってしまうのではないだろうか。

スポンサードリンク

実際今は恋愛結婚が結婚全体の9割近くを占めているわけだが、離婚率もまるでそれを追いかけるかのように激増して、3組に一組が分かれている、という悲しい現実がある。

もちろん上記の通り、20代前半以前に早婚したカップルが多くの割合を占めてしまっているのだ。

後悔するのは結婚の常?どうやって切り抜けるのかが一番のポイントか

後悔多い早婚、といいきってしまうのは気の毒すぎるかも知れない。
しかしながら私自身、いまだ結婚もできない身でいるものの、結婚して後悔する、というのはどんな年齢になっても少なくはない、むしろ多いのではないだろうか。

自分と血縁ではない、つまり自分自身とは赤の他人と一緒に一つ屋根に住むこととなるわけだから、当然不満がお互い噴出して不思議はないはずだ。

それを何とかやり抜いて生涯添い遂げることができるのは、お互いにどうやって結婚生活を維持していけるのか、ということを努力して模索していった結果ではないだろうか。
そして今の世の中、早婚晩婚も含めて抱けれど、そういう忍耐と努力がなくなってきているのかも知れない。
後悔
結婚したカップルの内、一方だけが我慢の連続だったり逆に相手にやりたい放題のことをしていれば、夫婦の意味も薄れてたんなる主人と従者の関係にまで陥ってしまうことだってあるだろう。
そうなれば「やられた」方にしてみれば不満だらけ、後悔多いとしきりにぶちまけることとなる。

こういう早婚をケーススタディにとって申し訳ないのだが、私たち30代の未婚女性がこの先婚活や出会いを持つ機会を得てゴールインした場合、いろいろ相手の男性と一緒に考えることも多いはずだ。

その時後悔するとも先々多いにちがいないけれど、それを避ける、又はないことを祈るのはそれこそ早婚で離婚したカップルと同じになるのかも知れない。

そういう時にはどう切り抜けるのが一番良いことなのか。
それを正面から見据えることこそ大切になるにちがいない。

丸山さくら

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958