Read Article

結婚できない女の末路がイヤでも迫り来る!手遅れにならないうちにすべきことは何か

結婚できない女の末路がイヤでも迫り来る!手遅れにならないうちにすべきことは何か

結婚できない女、といわれかけているのが私たち30代の独身女性かも知れない。
そんなことをいわれても、と思うし、もっといえばつい数年前は私たちこそが同じような30代の未婚女性たちに対して陰口していた立場だ。

因果応報というか、それにしても何となく末路についてはいろいろヒサンな話ばっかりだ。
何でこうなってしまうのか、いったいこの流れで結婚できない女がどんどん増えていく現在、同じ末路を迎えてしまう女性が何とか上手く逃れることはできないのだろうか?

スポンサードリンク

誰でもなりかねない「結婚できない女」の“なり方”

結婚できない女のになりかけの一人として、ちょっとお恥ずかしいが、愚痴程度につらつら語らせて頂きたい。

私も以前は30代で未婚女性になりたくない、結婚できない女になるのはいやだ、と思いながら何の対策もなかった。
ひたすら婚活業者や婚活サイトを頼ってここまで来てしまった。

だけれども多くの人がそうであるように、ただそういう業者ばっかりに頼って探すのも大変だ。
第一お金ばかりすってしまって、それでいて相手が見つからなくても業者側には何の責任もない。

結婚相手というのは当たり前だがデパートの売店に並んでいて、こちらが選べるようなものではない。
でもよくよく振り返って見れば、私たちが結婚相談所などで向かい合う相手の男性の身上書とか略歴。
正直な感想としてだが、みんなそう言う目で見ているのではないだろうか。
花嫁

自分の有能さがアダになるのが結婚できない女のパターン?

当然だが、結婚できない女の末路というのは結局一生独身で過ごすこととなる以外の何物でもない。

結局は仕事ができて、男性に対しても年収で劣るものではない。
そしてそれなりの年齢になっていざ結婚相手を探そうとしてもいつもの上から目線が災い。
自分に釣り合う男性を自分で正しいと思う“ふるい”にかけて選んでいく。
その結果。

誰もいなくなった、ということになる、かも知れない。

解決策は何?

じゃあ、そんな末路にならずにすむ方法はいったいどこにあるの?
誰もがそれを聞きたい、知りたいはずだ。

はっきり言ってしまうけれど、
「どこかで自分の理想や条件を諦めるしかない」
これしかないはずだ。

そもそも結婚できない女といわれてしまう年齢になる前に、よくよく考えて見たら、
「あのとき結婚できたはず!」
「あのとき恋愛できたんだよね?」
と思う思い出が誰だって一つ二つはないだろうか。

それを蹴ってもっと理想を求めようとした末路が今に至ってしまっている。
その理想のままに突き進めば本当に一生独身。

一生独身ももちろんそれだけでは悪いことでも何でもない。
そう言う生涯が向いている、最高だという女性もいるかも知れない。
だが、絶対にごくごく少数のはずだ。
まちがいなく多くの女性は後悔の塊になっている。

スポンサードリンク

結婚できない道を進んでいるのだからある意味当然の結果?

最後に、自戒も込めていうのだけれど。
自分の理想を捨てて、いったんは掲げた条件を諦めるのはプライドの高い人は本当につらいことでもあるだろう。

でもよくよく考えて見れば、そう言う条件とかは現実離れしているものでしかない。
そして気づくはずだ。
自分よりスペックの高い女性で、結婚している人を見たらその中には自分の持つ理想や条件を満たさない男性と結婚しているケースだって多くあるはず。

逆に考えれば、そう言う道から外れて、結婚できない道を進んでいるのが私たちではないだろうか。

一応誤解の無いようにお伝えしておきたいのだが、単に自分望むスペックを下げてしまえ、プライドをかなぐり捨ててしまえ、という意味で語っているわけではない。

それよりも、結婚に対する考え方が根底から間違っているような気がするのだ。
婚活サイトや結婚相談所などで男性の身上書や略歴などをのぞき、それで自分にふさわしい男性を捜そうとすれば、誰でもそう言う書類上でより上の相手を探そうとするもの。

そして結婚と生涯を損得計算でしか見ないようになるものだ。

はっきり言ってそういう婚活。
ムダではないだろうか?

結婚を損得等、今まで以外の何かを基準に考えるべきかも

別に婚活業者を悪し様に評価するつもりはない。
結婚という大変な作業を円滑に、そして合理的に手間暇かけずに誰でも手軽にできるようになっているという点ではすごいとも思うしかない。

だが実態として、30代半ばから結婚できない女は激増し、向こう10年のうちで結婚できるのは何とわずか1%。

そんなに世の中に結婚に適した男性って少ないのだろうか?
自分たちの末路が心配だったら婚活に対する考え方、そして結婚、さらには結婚するべき相手への考え方。

よくよく自分に問いかけて考えてみることが何より求められるのが私たちの年齢にちがいない。
私の友人の既婚女性がこんなことを言っている。
「結婚なんてする時はあっという間にしちゃうものよ」
別にたいそうなものでも無いとも語っているのだ。
青空
これをどう考えるのか、単なる既婚者側の上から目線でしかないのか。

ただ、彼女を見ていれば結婚は打算や損得だけで成り立っているわけではない。
子供をもうければ子育て、配偶者や肉親が病気になることだってある。
そこまで計算に入れてしまえば結婚すること自体に異議が出てくる。
損得だけで結婚ははかれないのだ。

その迷路から抜け出すために,私もいろいろ努力して考えたいし、実行できることがあればそうしてみたい。
同じ年齢で未婚になっている女性も、ぜひこの大きな壁にチャレンジしていただきたい。

阿部しおり(フリーライター)

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958