Read Article

金縛りで声が聞こえる?原因と逃れ方を探ってみてお伝えしたいこと!

金縛りで声が聞こえる?原因と逃れ方を探ってみてお伝えしたいこと!

金縛りにあう人は多いようだ。
その原因はいろいろ言われているが、中には声が聞こえる、という体験をした人もいたりするから怖い。

金縛りというとすぐに幽霊か何かだと思うし、ましてや声が聞こえるなどという生々しい体験をしてしまうと、やっぱりそういうことが原因だ、と考えてしまう。

確かに金縛りはそういう意味のものがあったりするし 声が聞こえる、中には人の姿を見た、という話まであるけれど、でもうっかりすると他にも原因がある。
そしてそれを見落としてしまうこと自体もやはり別な意味で怖いから、注意が必要になる。

この現象の実相に迫って、そして逃れ方を探ってみた。
一体どうすれば良いのだろうか?

スポンサードリンク

金縛りの原因は二つ!霊と睡眠障害!

まず声が聞こえるとか音が耳元で鳴る、あるいは人の姿が寝ている自分の目の前に現れる、など、金縛りと来ればこの手の話しが多い。
とにかくこちらは寝たままの状態で身動きも、声すらも出せなくなるから恐怖に落ちってしまう。

でも実のところ、霊的な金縛りにかかるのはあまり多くない。
それよりも、よくある原因として体調の問題によってそういう金縛りがよく起こることが医学的にも明らかにされている。
そういうときには、声が聞こえると言っても空耳、幻聴ということになる。

それは大体、疲労が重なっていたりストレスで心労がたまっていたりする、そして昼寝のしすぎなどによって睡眠が不規則になる状態が続いていると、自律神経が乱れてよくこういう現象が起こるのだ。

しかもひどい場合によっては声が聞こえる、音がするなどのいわば幻聴、幻覚も起こるようだ。

特にこういう症状を呈する病気をナルコレプシーと呼ぶ。
日本名では過眠病と呼ばれ、文字通り日中に恐ろしい眠気が差してきたり、上のような精神疾患のような症状も出てくるという。

うつ病と一緒に発症したりするので、もしもこういう症状が日常的に起きているような場合、本当に健康上深刻な問題になる。
そういうときには早急に心療内科や神経科を訪れて治療を受ける方が良い。

でも、そんなわけだから、声が聞こえるという原因は霊だけでなく、自分の健康に問題がある、その現れかもしれないので、すぐに霊のせい、とばかり言えないのだ。

そういう健康上の問題から生じる金縛りについては、一つには医者に診てもらうこと。

二つ目には大抵ストレスや過労、不規則な睡眠によるから、日常生活を見直して規則正しい睡眠を心がけること、そしてストレスをなるべくためないように心がけていくことが大切だ。
お地蔵様

医者は霊を信じないから、全部“病気”と考える?

ただ、そういう風に健康上の原因から金縛りにあったり声が聞こえる様な場合、医師など医療の専門家にかかれば良いけれど、医者というのは絶対に霊の存在を否定する。
これが一面怖いことだ。

というのも、もしも霊的な原因から金縛りにあったとか、声が聞こえるなどの体験を医者に話したとしても、絶対に医学上の枠の中でのみ解決しようとしてしまおうとする。
全部医学上のポイントから解決してしまおうとするからだ。

もちろん上の通り、その判断が正しい場合もあるけれど、そういう健康上の原因ばかりではない。

本当に霊的な現象が原因となって、そういう状態を引き起こしている場合だってある。

だから難しいのだ。

そうなると、どこかで原因が霊なのか健康上の問題なのか、自分たちで判断するしかない。

あるいは、信頼でいるその筋の人、いわゆるれいのう社と呼ばれる人がいたら、その人に尋ねてみたり、徳の高い神主やお坊さんにすがるしかないだろう。

もちろんこのあたり、リスクがつきまとうワケだ。

スポンサードリンク

声が聞こえるだけではない?裏付けがあることも多い

じゃあ、私たち自身がどうやって霊的な金縛りの特徴などを見分けることができるのだろうか?

一つ言えるのは、客観的に見てはっきりと霊の仕業、とわかるような証拠立てとなることがあればよい。
つまり、例えばだが、金縛りに遭った本人も知らないようなことを霊が語りかけ、それを後で確認したら実際そうだった、という様なケース。

私の身内の女性の話として、金縛りではないものの、寝ているときにそういう夢を見たという人がいる。

彼女の祖母が昼間お墓の掃除をしてきた、とある晩の夕食時に語っていたのだが、その夜夢の中で彼女が見た墓の様子はまだ散らかっていて掃除もしていなかった状態だった。

いぶかって明くる朝、墓に行ってみたら、まさに夢で見たままの散らかった墓の様子だったという.

金縛りで、霊が語りかけてくるような場合、全部ではないにしろこういう風に当の本人だけでもはっきりと原因は霊。
それがわかる場合がある。

そういうときには確かに原因は、睡眠障害とか健康上の問題ではないと言えるだろう。
そして判断を誤らないためにも、そういう客観的にわかる裏付けを考えてみると良い。
高尾山

霊的な金縛りの逃れ方とは

じゃあ、最後になるけれどそういう霊的な原因で金縛りにあったり、声が聞こえる、あるいは寝ている自分の上に人が座っている、などというガチで恐怖な体験をしてしまったらどうしたらよいのだろうか?

そういうときにはもちろん上で少しお伝えしたように、その筋の信頼できる人に相談する、という方法がある。

けれども一方、そういう人には怪しげな人たちが多いのも事実だ。
だからどうしても信頼できないようなら、一つには自分自身でなんとか解決してみる努力をすると良い。

よく言われるのが、瞑想すること。
深呼吸を繰り返し、気持ちをリラックスするように心がける。

また、できれば般若心経などのお経を毎日数回唱えてしっかりとそういう霊に向かって冥福を祈るようにすると良い。

そしてなるだけ、金縛りが起きにくい寝方をすることだ。
というのもいていの人は仰向けになって寝ていてかかってしまうわけだが、かかりそうだと思ったら体の向きを横にするとか、首だけでも横向きにしてみると良い。
これだけでも霊がつきづらくなるそうだ。

江原啓之さんも語っているが、寝ているときには魂があの世に帰っている時間とも言う。
だから人によっては死んだ人の声が聞こえる原因として、寝ていること自体が当たると言うことも言えるかもしれない。

世の中医者みたいにそういう霊的なことを抜きで割り切れれば良いのかもしれないけれど、中には医者だって金縛りにあった人もいるだろう。
果たしてそれが霊的な原因だったというとき、一体彼らはどうやって自分の頭の中を整理するのか、考えるとちょっと面白いかもしれない。笑

神野天希(かんのあまね) 

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958