Read Article

婚活しても売れ残りばかりがなぜ増える?一言ですむ答えと解決法!

婚活しても売れ残りばかりがなぜ増える?一言ですむ答えと解決法!

年齢が年齢だけに婚活も気合いを入れてやっている。
それなのになぜか私たちは売れ残りばかり。

売れ残りたくはないから婚活しているわけだけれど、現実を見れば結婚相手が見つからないことが増えて、売れ残りばかり増えているはずだ。

一体全体なぜ?
婚活しているのに本音は結婚したくないの?
すごく自問自答してしまう。

でもよくよく考えれば、しっかりと理由がある。
そして解決法もしっかりある。
はっきり私はいう。

でもすごく根の深い理由だし、それだけに今の売れ残りが増えるばかりの婚活をただせるかどうかわからない。

理由ばかりではなく、解決法の実行自体が難しいからだ。

でも誰かに何とかしてもらいたい。
そんな思いでガンガンお伝えしてみたい。

スポンサードリンク

婚活すればするほど売れ残りばかり?なぜなのか理由はこれしかない!

婚活の現場は本当に売れ残りばかりといってよいほどの状況がある。

婚活パーティーにも足繁く参加。
結婚相談所にだって何カ所も巡っている。

でも婚活を始めてからアラサーの今まで、聞こえてくるのは出会いなし。
同じことをしている同僚女性たちだって売れ残りばかりの状態だ。
なぜこうも出会いがないのか、婚活がすれ違いばかりなのか?

その理由は、これしかない。
“貴女は結婚相手を自分で選べるだけの眼力を持っているのか?”
ということ。

申し訳ない言い方なのだけれど、ついでにもっとぶっちゃけていえば、結婚相手にふさわしいかどうか、自分では判断できない人が多いはずだからだ。

婚活してもいつも売れ残り。
失敗ばかりでよい人と出会えないという人。

そういう人は、たとえば、自分の親よりも相手の男性、というよりもある人を見て、その“人物”を見る目があると思うだろうか?
折り鶴
親だけではない。
自分よりも功労へた熟年、老年の人よりも人を見る眼力が優れていると思うだろうか?

私も自分自身の情けなさに痛感しているけれど、何かといえば相手の男性の肩書きやら学歴、年収やつきあい上手なところにばかりポイントを置こうとしてしまう。

考えてみれば「売れ残り」とか、「婚活市場は売れ残りばかり」とかいう言い方も、言われるほう、言う方もお互いにわかっていないのかもしれない。

けれど、よくよく考えればそういうことは、長年連れ添うべきパートナーという観点からすればほんの“枝葉”ではないだろうか?

結婚相手を「モノ」として見ていないだろうか

婚活パーティーや結婚相談所で、いくらでも相手の男性の条件を探ってみて、学歴とか職業、年収や肩書き、あるいは家族構成で貴女は相手を決めようとするはずだ。

けれど、どんなによい条件を探して見つけたとしても、これらは一発で負けてしまう、そういうポイントがある。

“相手の「人間」で見ていない”。
要するに、紹介された男性については肩書きとか年収など、「モノ」扱い。
自分が楽できる相手がよい、ということになってしまう。

そんな男性、世の中に確かに何人もいないだろうけれど、それ以前に貴女自身がその男性にふさわしいのかどうなのか、一方的なこちらからのえり好みでしかない。

しかもそれでうまく条件がそろったとしても、結局不満が出てくればそれでオサラバ、ということになりはしないだろうか?

自分の親以上に自分のことをわかっているだろうか?

そして、婚活している男も女も、自分たち自身のことはわかっていない。
少なくとも、自分たち自身よりも年配で、自分たちをよく観察している人たちからずれば。

謙虚に考えてみたい。
まだ私たち30代くらいだったら両親は健在な方が多い。
その両親、親よりも私は自分のことがわかっているとは思えないのだ。

もちろんもう十分に子供でない、という自覚もあるし、親の知らないことまで自分はいろいろ知っている。
そして親が知らない自分もある。

けれど、はっきり言ってしまえばそれでも親を超えられないのだ。

なぜか?
それは私が生まれついて今の今まで一緒に生活している中で、一番客観的に私を知ってくれているのが親にほかならない。

第三者の目から見て、自分がどのようであるか?
だから、身内というひいき目を考えたとしても客観的な目線では両親にかなわない。

スポンサードリンク

昔の人たちよりも私たちは人を見る目があるだろうか?

これがどういう意味を持つのか?
それは、自分たち自身で相手を探していこうというのがそもそも間違いかもしれない。

なぜなら、私たち女性も、そして男性側もそうだけれど、お互いに理想的な条件を言い合って反目し合うだけだからだ。

それはそれで自己主張、言論の自由ということでいくらでもお互いいえるけれど、結局そのまま平行線。婚活したって男も女も売れ残りばかりが出てしまうのだ。

昔は結婚適齢期の男女を本人たち以上にしっかりした目を持っている人たち、つまり親とか仲人などによって選んでくれたり、結婚していた。

けれど、少なくとも今の時代、結婚相手を自分たち自身で選ぼうとするならば、そういう昔の人たちよりも私たちが結婚相手についてより優れた鑑識眼、判断力を持っていなくてはならないはずではないだろうか?

そんなことは絶対無理だ。
本音として私はどうしてもそう思えてならない。

私たちを私たち以上に理解してくれる人が必要に?

さて、ここから先が、今の婚活売れ残りばかり激増の時代をどうやって乗り越えるのか?
その解決法の話になる。

無茶を承知で言えば、私たちを結婚させることができるのは、私たちが好むと好まざるにかかわらず、適当と思う結婚相手を探してくれて、それで強引に結婚させてくれる人。
また、そういう社会習慣が絶対に必要だ。

ミもフタもないけれど、そういうことになる。
私たちをより理解してくれる人の存在が大切なのだ。
祝福
「私たちは一体どれだけ自分自身のこと知っているの?」
このある意味「永遠の問いかけ」に対して、昔の人たち以上に私たちが大人になって自分のことを知っていなくてはならない。
これが解決方法になる。

けれども、くどいようだけれど現実にそんなことはほとんど不可能だ。
じゃあどうするべきか?

人とのつながりを大切に

この記事の最後になるけれど、それはこの回答しかない。

婚活で私たちは今まで自分たちの判断だけで動いてきたはずだ。
そして私も含めてだけれど、婚活しているのになぜか売れ残りばかり増えるという現象。
それは結局、そういう人間関係を無視してしまったツケかもしれない。

けれども、元々結婚相手とか出会いというのは大多数の人たちとのつながりの中で生まれるものだ。
職場結婚がその好例で、婚活で売れ残りばかり続いてイヤになるなら、裾野の人間関係を大事にしてみるとよい。

そんなわけで、すごく偏っているように聞こえるかもしれないけれど、私自身がいつも持っている本音を語ってみた。
そして、私自身間違ったことは行っていないと信じている。

人とのつながり。
これが婚活や出会いの一番基礎の基礎。
ぜひ大切に持っていただきたい。

阿部しおり

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958