Read Article

こたつ寝から脳梗塞になる話が怖い!うっかりやってしまうと命の危険も!

こたつ寝から脳梗塞になる話が怖い!うっかりやってしまうと命の危険も!

こたつ寝をする人は多いだろう。
中には幾晩もこたつの中で寝てしまい、朝を迎える人だっているにちがいない。

だがそういうこたつ寝、実はものすごく体に悪いと言うことを知っているだろうか?

それどころか、脳梗塞、果ては心筋梗塞まで引き起こしてしまうという、驚きの事実まである。

実際、入りながら寝ている間にそういう病気を発症して、命を落としたというケースがあったりする。
いったいどういうことだろうか?

こたつで寝ると風邪を引くという話は聞いた人も多いかも知れないが、脳梗塞などと言うとただ事ではない。
この暖房器具の正しい使い方とともにそういう危険の避け方もみてみたい。

スポンサードリンク

こたつ寝すると脱水状態から脳梗塞、心筋梗塞の怖れも

結論から言うと、こたつ寝は確かに健康には良くない。
冬ではダントツの人気を誇る暖房器具だが、そこで寝ることは結局それほど体に悪いことなのだ。

脳梗塞とか心筋梗塞になる、一番の原因はこたつ寝を長時間することで、極端な脱水症状になるためだ。

入ったまま寝てしまうと、体が暖まる一方で、その結果水分がどんどん上ばれていくこととなる。
それが一晩などになると最悪の場合、体内の内臓や血液中の水分まで奪われることとなるのだ。
これが血管中に血栓をつくることとなる。

そして血行を止めたり悪くしてしまい、脳梗塞やの脳血栓、はては心筋梗塞にまでなってしまう。

ツィッターでも上がっていたが、お年寄りがこたつ寝しながらいつの間にか心筋梗塞でなくなっていた、というケースがあったりするのはこのためだ。

こたつ寝から風邪を引くのは迷信ではない!

こたつ寝すると風邪を引く、という戒めは子供の頃に良く聞かされたことだ。

これほどに体に悪影響を与える寝方だから、当然風邪も引いてしまう原因になる。

こういう寝方してしまうと体温の調節機能が働かなくなることで、体力も奪われるし、疲労もする。
そして脱水症状から鼻や喉の粘膜も乾くことで傷がつく。

そしてさらに、気づいていない人も多いようだが、こたつ寝ほどではなく、単に目覚めて長時間入っているだけでも風邪を引きやすくなるのだ。
風邪
この原因は、人間の体温調節機能の不全から来るものだ。
人間は体全体で周囲の空気に対して体温を調節するようなっている。

ところがこたつに入っている間は、上半身は室内の空気にさらされ、下半身は温められる中にあるので、両者で温度差のギャップができてしまうのだ。
この温度差がストレスになって、体が上手く体温調節をできなくなってしまう。

それで風邪を引くこととなる。
決して迷信ではない、医学的な事実だ。

そしてまた、こたつ寝でなく起きていながら入っているだけで体から水分が蒸発していくわけだから、知らないうちに脱水症状にもなってきてしまう「隠れ脱水状態」になってしまうのだ。

こたつミカンは1日2,3個までが限度!冷え性の人は注意を!

それを防ぐために、こたつに入りながらミカンを食べるのが習慣になっている。
だがこれにも限度があることをご存じだろうか?

ごく大まかにとらえて、1日に食べて良いミカンの量は2,3個までになる。
お腹を冷やすし、冷え性の人には食べ過ぎは禁物だ。

スポンサードリンク

他にも健康や美容に悪影響が

特に高血圧の人とかは脳梗塞など、本当に心配になるはずだ。
最近ではストレス社会、そして 食生活も変わってきたせいか30代くらいでも脳梗塞を発症する人も多くなってきている。

そして風邪とか脳梗塞以外にも、いろいろな危険性がある。
内臓から水分が出て行ってしまうため、便秘にもなりやすいし、血行が悪くなることから肌荒れも起こりやすくなる。
また、直接熱を浴びている足は、遠赤外線によって肌を傷めてしまう怖れもあるのだ。

さらにはふつうの畳に置くタイプのこたつだと、長時間入っていれば腰痛に過かかりやすくなる。
これは入っている姿勢が猫背になりやすいためだ。
そして猫背を長時間続けることで、内臓機能の働きが悪くなることも心配される。

こたつに対する正しい使い方とは

だからこう見ていくと、こたつ寝はもちろんだが、たんに入っているだけで脱水状態の心配があるので、十分に配慮しながら利用していく必要がある。

入りながら寝てしまうことは、もちろんまずしてはいけない。
特に高血圧の人や、元々動脈硬化のある人は要注意だ。

そして遠赤外線を直接浴びないように、ズボン舎靴下をはいたりして、足先や足を保護するように工夫すると良い。

また、隠れ脱水状態を避けるためには何と言っても長時間入りっぱなしならないことだ。
こまめに30分くらい入り続けたらしばらく出て、温まった下半身を外気に慣らせる必要があるだろう。

こたつ寝で脳梗塞になってしまうとういう情報を初めて知った方も多いに違いない。
だが事実として、それほどに体に悪い冬の過ごし方だと言うことを十分承知しておいていただきたい。
風邪
私は一度こたつの中にすっぽり入って一晩過ごしたことがある。
夜の飲み会で、ほろ酔い機嫌で自宅に帰り、こたつに入ってうとうとしてくるとどうしても這い出してベッドに行くのがおっくうになってしまう。
他の方も同じ気持ちになったことは多いだろう。

そうしたら明くる朝、見事に体調は最悪だった。
そして決められたように風邪。
たっぷり寝込んでしまったことがある。

一家団欒、友人同士でお鍋をつつきながらおしゃべりするにはもってこいの冬のアイテムだけれど、どうかくれぐれも正しく使っていただきたい。

水野江麻

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958