Read Article

傷心旅行の意味を探る!貴方の痛い気持ちを優しく癒すために一番良いワケとは

傷心旅行の意味を探る!貴方の痛い気持ちを優しく癒すために一番良いワケとは

別れ、失恋の乗り越え方は、いろいろあるけれど傷心旅行が一番良い。
それには様々に意味もあるし、理由もある。

傷心旅行の経験のない女性は最悪の場合、傷心旅行などと言うと、
「そんなの現実逃避でしょ?」
と考える方もいるだろう。

だが人の気持ちというのは、あえて言うけれど現実から一歩二歩下がって、あるいはもっと言えば「避難」してしっかり立て直すことも大切になる。

いったいどのような意味がそこにあるというのか、一番良いのは実地の体験だけれども、なるだけこちらの記事の中で説明してみたい。

スポンサードリンク

今の生活から丸ごと逃れることで、根本的に気持ちをリセットする傷心旅行

特に失恋で、大変に気持ちに痛手を負ったりしたとき、思い立って傷心旅行した経験のある人は切実に思うのではないだろうか?

なぜこういう傷心旅行が最も心の癒やしに適しているのか、と言えば、今の生活環境から体も心も丸ごと立ち去り、別な土地で気持ちを癒すことが出来るから。

この一言に限るし、他の癒やしの方法と異なって大きな意味を持つのだ。

別れとか失恋などのショックでどうしても立ち直れない、と言う人は多いはずだ。
特にそのような衝撃の直後だったら身の置き所など分からないくらいに気持ちもすさんでいるにちがいない。

確かにそれでも実生活上は耐えなければならない、と思うことだろう。
だがそういうショックを受けたときの状態そのままに周囲の環境があった時と、無い時を頭の中だけでよいので比べてみていただきたいのだ。

そういう時、どっちが心の癒やしに向いているだろうか、答えは言うまでもないだろう。
旅行
単に旅行、物見遊山の楽しみでしかない、と言えばそれまでかも知れないけれど、傷心旅行も含めて“旅”という楽しみと、他のスポーツとか友人たちとの語らい、飲み会などの楽しみとのちがいは、今の環境から行ったんであれ“サヨナラ”出来ること。

直接、間接にせよ今までの生活環境、人間関係から解き放たれて、自由な一人の女性になれることだ。

そういう風に思い思いの場所を目指して傷心旅行に出掛けて数日のんびりした後、帰宅してみれば我ながらすごく気持ちがスッキリしているはず。
私も旅好きなせいか、それが確かに実感できている。

この意味は大変深いはず。
そう思得るのだが、いかがだろうか?

スポンサードリンク

気持ちがささくれだったようなときにもプチ傷心旅行を!

傷心旅行がどんなに効果的かは、上の様な説明で大体おわかりのことと思う。

そして私の経験からおすすめあNのだが、そういう大きな心の痛手を負ったときももちろん傷心旅行は効果が有るけれど、底まで心が折れていない場合でも、ちょっと近場などに出掛けるプチ傷心旅行はぜひおすすめだ。

たとえば仕事の行き詰まりとか、ちょっとした恋の悩み事、婚活疲れでくさくさしてしまっているなどなど、そういうレベルの気持ちのささくれは多くの方がよく感じていることにちがいない。

そういう時にはあまり日数や旅行費の負担を考えなくて良い範囲で、プチ傷心旅行をやってみると良い。
2,3日外泊して自然の豊かな身近な土地に出掛け、それで帰ってくるだけでもすごく気持ちがリラックスできるものだ。

私自身はそういう時には、最低日帰りでも大丈夫だと思う。

今や日帰りでも沖縄や北海道まで飛行機で飛んでいける時代だ。
しかも時期を合わせてLCCで予約すれば、飛行機代も1万円以下でおつりが来てしまうほどになっている。

これを利用しない手は絶対ないはずだし、実際に私の知人女性も沖縄日帰りの一人旅を続けている。
そのたびに沖縄の物産とかお菓子をお土産に買ってきて私に分けてくれるのだが。(笑)
沖縄

最初はパックやツアー、その後で自分なりの旅程や日程、行き先などを考えるのはいかが?

そのようなわけで、傷心旅行、すごく大きな意味を持つし、生活や気持ちをリフレッシュするのには一番おすすめなのがおわかりと思う。

確かにそれなりに時間とか旅費の気配りもしなくてはならないし、行き先にもこだわりたいはずだ。
大まかに考えて、あくまでも国内の旅行を前提にすれば、寒い季節には南方、暑い季節は北国、という発想になると思う。

また、ちょっとしたチップになるけれど、大きな失恋して身も心もずたずたなようだったら、冬でも北国をおすすめしてみたい。
北国の雪一色の冬景色というのも、すごく幻想的で静かだ。
そのような静寂の中に身を置くことで、痛んだ心が徐々に癒されるものだ。

もちろんだからといって行き先が決まっているわけではないし、もしも貴方が行ってみたいと思うようだったら、旅行代理店などでもそういう一人旅のパック旅行などもある。

まだ不慣れだったらそういう専門の人たちが組んでくれた旅程に乗っかって試してみると良いかも知れない。

その後、慣れてたら自分なりの傷心旅行の旅程や行き先などを考えてみる、という方法だってある。

本当に今の社会、ちょっとしたことで気持ちがいらだったりささくれ立つ。
また、婚活に躍起になっているせいもあってか、そういう別れとか失恋でとりわけ心が痛む思いも大変になるはずだ。

その意味から考えても、傷心旅行を含めて気持ちや生活をリセットできる“旅”というもの。
ぜひ考えて見てはいかがだろうか。

神野天希(かんのあまね) 

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958