Read Article

白湯の効果で腹痛もすぐにシャットアウト!美容にもゼッタイおすすめな飲み方作り方!

白湯の効果で腹痛もすぐにシャットアウト!美容にもゼッタイおすすめな飲み方作り方!

白湯を飲むと腹痛が治るから飲みなさい、と言われたことはないだろうか。
白湯はたんなるお湯の湯冷ましでしかないのだが、その効果、実のところすごい効果がある。

実際私も腹痛とかお腹を壊している時に飲んだことがあったが、すぐに効果が現れてきて腹痛が治ってしまうことが多い。

それだけでなく、何と白湯を飲み続けることで風邪等の諸症状、果てはがんまで予防する効果があるという。
ここまでくると信じられない、と言う方も多いかも知れないがみんな事実だ。

単に腹痛の時にだけ飲むのではもったいない、決まった方法でを作り、そして常飲するのが健康維持、そしてこれも驚きだが美容にもよい効果がある。
その飲み方、そして正しい作り方をご覧いただきたい。

スポンサードリンク

白湯を飲むと腹痛が何で治るの?

その前に、なぜ腹痛の時に白湯を飲むと治ってしまうのか?

腹痛の原因にもいろいろあるのでひとくくりにはできないけれど、よくある突然の“差し込み”みたいな場合。
普通は胃腸が外気の冷たさとか、食べたものに刺激を受けて反応しているためだ。
お湯
そしてそういう「普通の」腹痛の時になぜ白湯を飲めば痛みもなくなったり症状も治まったりするかといえば、胃腸を温めることで、その働きを改善してくれるためだと言われている。

もちろん温かい飲み物と言えば他にも緑茶やコーヒー、ココアなども挙げられるだろう。
だが白湯と違ってこれらはいろいろな栄養分や成分が入っている。
そう言う成分がかえって胃腸を刺激してしまい、逆に腹痛を悪化させる場合にもなりかねないのだ。

白湯はそういう余分な成分が含まれないだけに、腹痛などの症状に対して非常に優しい効果を発揮してくれる。
これが同じように温かくても他の飲み物とで大きく違う点だ。

だから間違っても白湯の他の飲み物には手を出さないことをおすすめしたい。

作り方と飲み方の実際

ただ、飲み方や作り方とは言っても、くどいようだが白湯というのは基本的には単に「湯冷まし」。
それほど改まって考える必要はない。ある一定のポイントさえ押さえておけばよい。

まず飲み方だが、1回の量は200CCが基本となる。
これを毎食30分前、そして寝る前に飲むようにする。

元となる水の種類だが、大きく分けて水道水とミネラルウォーターに別れるだろう。
基本的にどちらでも良いが、カルキが気になる方はミネラルウォーターを選ぶこと。
水道水からカルキ臭を飛ばすには、ヤカンなどで10分間沸騰させることで臭いもしなくなる。

また、ヤカンだったらどちらも沸騰させれば良いわけだが、ミネラルウォーターだったらレンジでも大丈夫。
3分ほどレンジにかけておけば沸騰する。

私などは水道水であってもレンジで沸騰させる方を選んでしまうのだが、それでもカルキ臭はけっこう抜ける。

注意しなくてはいけないのは、水は必ず一度は沸騰させること。
そして後から冷たい水を足したりして、温度を調節しようとせず、あくまでも沸騰しているお湯を冷ましたものだけを飲むこと。

スポンサードリンク

効果は腹痛の他にも非常に効果が多い?本当がんにも効く?

白湯を飲めば腹痛が治る、というのは私が子供の頃に親から教わったいわば“民間療法”だが、いまだに続けている。
というのは、確かに効果があるからだ。

でも白湯という飲み物の歴史は大変古く、そしてその効果もそう言う古い時代からはっきりと分かっている。
よく言われているのは3千年前の古代インド医学の医学書「アールユベーダ」の中でこのその効能について語られているが、現代医学でも多くの医者や医療の専門家が白湯についてのメリットを伝え続けているのだ。

その中でもがんに効く、という驚きの報告も上がっている。
これはまず、人の体温が低下すると免疫や代謝能力が衰えることが知られていて、がん細胞はそういう低体温の中で発達すると言われているためだ。

また、がんに限らずアトピー患者や花粉症などのアレルギー反応も低体温による免疫力低下によってもたらされることが言われている。

しかも低体温になるとストレスにも過敏になることが知られ、結果として風邪なども引きやすくなってしまうと言う。

そう言う免疫力の大部分を司っているのは実は腸。
腸で免疫の7割を作り出していると言われている。
やかん
だから胃腸など内蔵機能を活性化することで、免疫力をアップさせ、それががんや他の病気、アレルギー症状を改善するカギになる、ということになる。

白湯は上の通り、何も成分に含まれていないので一番胃腸などの消化器官に負担のかからないのみものであり、また一番安全な方法で体を中から温めてくれる。

免疫力をはじめとして基礎代謝能力も高めてくれるし、ひいては腸の運動も活性化してくれるので便秘も改善できるのだ。

さらには基礎代謝能力が改善する結果、肌の血行も良くなって肌美人にもなれる。
大げさでなく、白湯というのはこうしたすばらしい飲み物だと言うことをぜひ知っておいていただきたい。

キチンと継続的に飲み続ければ健康と美容の一挙両得!

そんなわけで、白湯の効果と作り方、飲み方をお伝えしてみた。

ぜひ日常の食生活や習慣に取り入れていただきたいが、ここで最後にぜひ押さえていただきたいポイントとして、
「三日坊主に終わらせず、続けること」。
他のダイエットやエクササイズと同じだが、いくら白湯が腹痛や他のすばらしい効果があるからと言って、飲み続けなければ効果も半減してしまう。

一番良い結果となるのはやっぱり続けること。
ぜひがんばってこのすばらしい飲み物と長くおつきあいしていただきたい。

神野天希(かんのあまね) 

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958