Read Article

職場恋愛で他部署の人とのきっかけで一番大事なこと!思いがけない助っ人がいるかも!

職場恋愛で他部署の人とのきっかけで一番大事なこと!思いがけない助っ人がいるかも!

職場恋愛出会いのきっかけとして何と言って大きなカギになる。
だからもしもそういう男女の同僚社員同士がいる職場だったら狙い目だ。
だが、同じ職場でも他部署とかになってくるとちょっと頭をひねってしまう。

同じ部署とかオフィス内での職場恋愛だったらきっかけも自然と造りやすいものだが、他部署の男性と交際するにはある程度手順も大切になる。
そして他部署だけに焦ると失敗も呼びやすいのだ。

スポンサードリンク

他部署の職場恋愛はお見合いによく似ている?冷静にきっかけを作り上げること!

同じ職場恋愛とは言っても、他部署になればそれだけ顔を合わすきっかけも無いことが多い。

ただ、逆に、そういう少ない出会いを持てたことがむしろ普通の職場恋愛よりもしっかりとした関係を築けるチャンスも出来るはずなのだ。

何故かと言えば、他部署であっても同じ職場と言うことは、ある意味相手の男性についての身辺問題とか履歴自体も自分と同等のものがあると言える。

その意味で普通に見ず知らずの男性と出会うよりも信頼性がおけるし、しっかりしたきっかけにも発展させることが出来るはずだからだ。

言ってみれば恋愛結婚ではなく、お見合い結婚を職場でしようとするようなものかも知れない。

恋愛のように二人でいいところだけを見せ合うのではない、ちゃんとお互いの素性や身辺についていわば会社側が保証してくれているようなものになるとも言えるだろう。

そう考えれば、他部署の男性との職場恋愛は千載一遇といえるような出会いではないだろうか。

同じ部署は“近すぎ”?職場恋愛はとかく周囲とトラブる事が多い?

個人的な意見になるけれど他部署ではなく、普通職場恋愛というと同じ部署とか、デスクが近いような男女の関係で出来やすいというのが相場になる。

でも場合によっては“近すぎる”場合が往々にしてある。
そういう思いの女性は多いのではないだろうか?
社内恋愛
要するに、そういういわば“隣り合った”男女同士の関係だとむしろ目立つし、他の同僚社員からも一目瞭然。
そしてもちろん上司の耳にまで達していることだって珍しくない。

なまじそういう中で交際中の2人がいろいろと他の社員との関係以上のところを見せてしまうのも仕方が無いけれど、社内とか職場での風当たりがどうしてもその2人に対して冷たくなってしまう。

というか、その二人同士で仲のよい関係を見せすぎてしまうから回りとの雰囲気が変になってしまうのだ。

はっきり言ってそう言う二人、鬱陶しい。
二人だけでぺちゃくちゃやるし、メールは交換しまくるし。

それでいて上司に耳打ちしようものなら、結局同じ部署内だけにあっという間に逆恨みもされるハメになる。

私の経験からしてもうざすぎるし、結婚するなら早くして、どちらか一人でも職場からいなくなって欲しい、などと思ったりするのは私一人ではなかった。

他部署同士の男女だったらこういうことはひとまず無い。
職場恋愛としてはちょうどほどよいくらいの「距離の置き方」だと思ったりしている。

他部署の男性とのきっかけはまずその部署自体への印象が大切に

ところで、そういう自分とは別な部署の男性と近づきになりたい場合、どういうきっかけでまずアプローチを考えるべきだろうか?

これは私が仕事を持っていた頃のウンチクを言ってみれば、同じ職場恋愛でも一番大切なポイントだし、また同じ部署内での職場恋愛と大きく異なるものでもあると考えるしかない。

その大きな理由の一つには、あくまでも他部署というのは、こちら側の人間についてその集団をあたかもひとくくりにして考えることが多い。
手つなぎデート
もちろん出会ったり、交際するきっかけなどは一人一人のものだけれど、その前に異なる部署同士には必ず架け橋が必要になってくるものだ。

そうすると、一足飛びに普通の職場恋愛のようにして、男女が二人で何のバリアもなしに親しくなるような同じ部署のきっかけ造りとは異なる場合が出て来る。

自分の部署とは異なるその部署全体に対する礼儀もあるし、まずそういう風にして間に一つカベがあるため、しっかりと社会人であること、そして普段から応対の挨拶などもそつの無いよう心がけておく必要がある。

そうやって、一つには目当ての男性の所属する他部署に対して、自分の印象をよくしておくことも大切だ。
なぜなら、人間関係は離れているほど周囲の人の評判に影響されやすいものだからだ。

他部署の他の社員や職員が、貴方の一挙一動を監視しているにちがいないし、その心象が口づてにお目当ての男性にまで届くこととなる。

くれぐれも評判をおかしくしないように用心しなくてはならないし、それ以前に社会人としての基本になるわけだが、元々恥をかかないような立ち振る舞いも大切になってくる。

スポンサードリンク

上司が縁を取り持ってくれる場合も多い!上司は大切に

なお、職場恋愛のきっかけは他部署の人同士の方が、同じ部署同士の男女よりもよい場合があることは上の通りだけれど、それでもどうしても安易に接近しづらい、なかなかきっかけが持てない、ということは真実だ。

そういう時にはこの頃あまり多くはないかも知れないけれど、私がいた職場などでは部下の男性がその上司に耳打ちして何とかきっかけを持ちたいようなことを願い出ていたことが漏れ伝わっていたことがあった。

その上司もなかなか出来ていた50代の男性で、その女性のいた他部署に声かけしてくれて、お見合いさせるチャンスを持たせてやったという話を聞いたことがある。

また、会社によっては他部署と合同して飲み会を開いたり、打ち上げなどのイベントをやる場合も多いだろう。
そういうきっかけを最大限に活用するのも手になる。

だがまずは足元から考えて見るとよいのではないだろうか、というのがそういうわけで私の体験談だ。

普段から上司は単に嫌うだけでなく、そういう困りゴトを持ち込んで相談してみるとよいのではないだろか?
意外と助っ人、というか仲人を買って出る世話好きな人もいたりするかも知れないのだ。

人間というのは面白いもので、私のいた職場のその上司、普段はなんとなく高圧的で近寄りがたかったような男性だったが、そういう職場恋愛のきっかけを部下の男性から頼まれる他時にはすごく気っぷがよかった印象があった。
本当に人は見かけによらないところもあるんだな、などと感心したことがある。
職場のカップル
もちろん上の私の経験談は男性側のものだけれど、基本的に女性も同じ事だと思う。

よかったら、ということでもしも他部署の男性が気になった時、職場恋愛のきっかけを自分自身だけではどうしようもないときには、こういう手もある、ということでぜひ希望を持っていただきたい。

そしてまた、そういう上司は大切に、と一言添えておきたい。(爆笑)

丸山さくら

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958