Read Article

小林麻央 高熱が続く中、記事更新を何というべき?40度でそんなことができる怪!

小林麻央 高熱が続く中、記事更新を何というべき?40度でそんなことができる怪!

小林麻央さんが再び高熱を出した。
しかもついこの間の39度を上回る40度。
断続的に上がったり下がったりして高熱が続くようだ。

その原因はわからないが、小林麻央さん自身、高熱が続く中で何とブログKOKOROの記事を更新し、その様子を伝えてきている。
何だか、高熱よりもそういう更新作業をする方が驚きだ。

小林麻央さんのタフさというか、末期がんでしかも40度。
普通はそんな高熱が続くなら、おとなしく安静に寝ていれば良いと思うけれど。
主治医がよくそんな麻央さんに許可したな、と思うしかない。

ただ、そんな辛い状態だというのに、あえてそういう行為を続けている彼女の想いも気になるというしかない。
それをちょっとお伝えしてみたい。

スポンサードリンク

どう考えても無茶?高熱が続く中で小林麻央は記事更新になぜこだわるのか

小林麻央さんが4月22日に急激な体調悪化のために入院した。
それ以後深刻な状態が次々と襲い掛かり、そういう情報を受けて一度は消えかかっていた余命の話題さえもが息を吹き返し始めている。

個人的にこれまで小林麻央さんの高熱が続くという病状以外で、一番深刻そうに感じたのはやっぱり末期がん特有の恐ろしい激痛。

末期がん患者の見たことがある私は、眠ることもできないほどの痛み、それこそモルヒネを使わなければとても耐えられないような痛みには本当に同情するしかない。

小林麻央さんが苦しめられ、母親や姉に体をさすってもらってハンドパワーの有り難さをブログKOKOROでも語っていたが、本当にそれほどにきつい痛みだとういのが、本当に横から見てもありありわかるくらいだ。

高熱が続く理由ははっきりブログでは語っていないけれど、おそらくは麻央さん自身も知らないかもしれないし、あるいはもしかしたら主治医でさえも苦慮しているのかもしれない。
医者
そんな衰弱しきった体の上、高熱が続くのにブログとか自撮り写真。
申し訳ない言い方かもしれないけれど、どう考えても無茶としか言いようがない。
普通40度もの高熱が出れば、意識朦朧として何も手につかなくなるはずなのに。

なぜ記事更新するのか、その理由には悲壮感すら感じられる可能性も

小林麻央さんに高熱が続く理由、大まかに二つあるようだ。

一つには衰弱しきって抵抗力のないに等しいような体調のため、何かの細菌に感染して、その結果高熱を発したのではないかということ。
小林麻央さんのような末期がんの患者で高熱が続く場合、大抵はこれが理由らしい。

もう一つは末期がん特有の「腫瘍熱」と言われるもの。
肥大し転移した腫瘍が他の臓器を冒し始めたり、腫瘍そのものが壊死することから出る熱ということのようだ。

こういう末期状態になっている小林麻央さんに対しては、病院に現在のように再び入院したとしても根治などは難しく、痛みなどの自覚症状を緩和するような治療法しかないともささやかれている。

私も実際そう思うしかないと感じている。
そしてそこから見えてくるすごい努力。
ああいう高熱が続く中であるというのにブログKOKOROの記事へと向かうのは、おそらくは自分の今後について、ある意味の「理解」 をしているからであるかもしれない。

そしてそういう麻央さんを、主治医も“本人の思うままにさせるべき”と理解しているのかもしれない。

どうしてもこういうことを考えてしまうのだが、彼女がもしも自分の病気を知らなかったら今、どうしていることだろうか?

一つ言えるとすれば、少なくともブログKOKOROは生まれなかった。
それは果たして、良いことなのか悪いこととなるのだろうか?
はっきり言って私にはわからない。

スポンサードリンク

ブログKOKOROは間違いなくかけがえない財産に

小林麻央さんのように、自分ば置かれている病状はもとより、自分の病気が末期がんだと知らされている人は今どのくらいいるのだろうか?

もしも自分がそういう立場に置かれたら?と思うと本当に思い悩んでしまう女性も多いはずだ。

悲しいことだが、女性にとって乳がんというのは結構自分でがんだとわかりやすいがんではないだろうか。
あくまでも推測だが、小林麻央さんが自分の乳がんを知ったのもそういう経緯かもしれない。

だが、高熱が続くにもかかわらず、彼女が敢然として自分の病気に向き合い続けている姿を見て、ブログの読者をはじめとする世間の人たちの間からは、以前に見られた批判の声がめっきり少なくなった。

命の危険に直面して、しかも自分自身の体が高熱が続く、痛みや炎症が襲いかかる彼女のような勇気。
ハート
はっきり言って、男性だってなかなか持つことはできないだろう。

そのような努力と勇気の結晶とも言えるあのブログKOKORO。
麻央さん自身にとっても、そして多くの読者の方々、とりわけ同じ病気で苦しんでいる人たちにとってはかけがえのない勇気の拠り所、財産というしかない。

その自分自身で作り上げ、空前の注目と人気を誇っているブログKOKOROを、のちに病気が完治して思い出深く彼女が見直すことができること。
その日が来ることを心から祈りたい。

島袋摂子

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958