Read Article

紫外線で目の充血やかゆみが?この時期のよくある悩みを根本からなくすには

紫外線で目の充血やかゆみが?この時期のよくある悩みを根本からなくすには

日差しの強い時期、ちょっと外へ出ると紫外線が気になる方も多い。
中でも目の痛みや充血、かゆみを覚える方も多いようだ。

紫外線が年々強くなっていく中、日焼けも早くなるし、目の健康も心配だ。
充血やかゆみが痛みととともにあるような人は、紫外線アレルギーの疑いもある。

目のかゆみや充血は、同じ紫外線による日焼けでも、場所が場所だけにすごく心配になる。
一番良いのは眼科に行って自分の目の状態を詳しく調べてもらうのがベストだけれど、実はその前にぜひとも知っておきたいことがある。

スポンサードリンク

紫外線アレルギーの疑いがある目の充血・かゆみはなぜ起こるのか

いちがいに目の充血やかゆみがあったからと言って、素人には紫外線アレルギーかどうかの判別は難しい。

実際私自身、ここ数年は特に少し外にいただけで肌が日焼けするような感じもするし、それに伴って目が充血したり、ヒリヒリ痛くなったりする経験がある。

ただ、かゆみはあまりしないようだが、おそらく私よりも目や肌の弱い人はやっぱりそういう症状も出るだろう。

でもそういう紫外線も確かに強さが美装しているのかも知れないが、一方それをを浴びる人間の方も以前よりも敏感になってきているのではないだろうか?

かゆみなども、充血や痛みと一緒に症状を覚える人も増えているようだ。

ではそういう紫外線による目の症状。
人間の側に原因があるとすれば、どんなものになるのか。

この解答、はっきり言って専門家もいろいろなことを指摘しているようで、一言では難しい。
だがそのうちの一つに、今の人たちは昔の人たちに比べて、紫外線に対する免疫力、抵抗力が弱くなっているのではないか、と指摘する専門家もいる。

要するに、人間の方が逆にどんどん弱く、過敏になっていることとなる。

眼科に行く以外におすすめな予防方法!がUVカットアイテムともう一つ!

一昔前までは、外に出て日光を浴びることで体が丈夫になる、などと言われていた時代もある。

だが今や日光に含まれている紫外線は有害物。
強い日差しの中、仕事などで外を回れば、日焼けして目が充血し、ヒリヒリする経験は多くの人が持つ経験だろう。
紫外線
かゆみを伴うのはやっぱり炎症だと思うのだが、とにかく眼科に行って薬を処方してもらう以外には、予防方法として二通りが考えられる。

一つにはおなじみのUVカットアイテムの駆使。
サングラスや日傘、UVカットの目薬を差すなどしていわば“完全防御”して外出するしかない。
二つには、それ以前に特に日差しがきつくなる昼前後に外出を控えることができればそれに越したことはない。

まばたきをしっかりしているか?日常生活でつい怠りがちな目の健康維持方法

ただ、もちろんこうした一連の紫外線対策というのは大切なことだ。

それとともにぜひ押さえておきたいこととして、私たちは普通、日常生活の中で目を酷使しすぎているのではないだろうか、ということに気づくべきだろう。

その一つが充血などしやすい時には、まばたきをおろそかにしている可能性があるかも知れないということ。

まばたきが大切だということを知っている人は少ないかも知れないけれど、まばたきすることによって涙が適切に眼球を覆い続け、紫外線から角膜を守ることが知られている。
日焼けとか、かゆみや充血も同様になるだろう。

だが、テレビやパソコン、あるいはスマホゲームに慣れている私たちは、つい画面を見つめるあまり、まばたきをしないでじっと凝視していることが多くなりがちだ。

実はこれが目の健康に非常に良くないし、また抵抗力も弱めてしまうことになる。
その結果、眼精疲労やドライアイも起こりやすくなるし、紫外線のブロック機能も弱くなってしまうのだ。

スポンサードリンク

また、全身を大きくみれば、花粉症やアトピーなど、他のアレルギー症状も免疫力が衰えてくるとより顕著になってくる。
その免疫力、実のところ大半を腸内で作られることが知られているのだが、さらに体温の低下によって免疫力が下がるとも言われている。

実際、私たちの体温は年々下降傾向にあり、現在では成人で36.1度くらい。
36.9度もあった50年前よりも大まかに1度近くも下がっている。

平均体温が1度上がれば免疫力が5,6倍上がると言われているから、あるいはこうした体温低下が紫外線アレルギーの多発に一役買っているのかも知れない。

ハナシがいささか広げすぎたかも知れないが、でもこうしてみると充血やかゆみなどは、全身的な免疫力低下の兆候が目に現れた、と言うこともできるのではないだろうか。
目
そして、確かに数々のUVカットアイテムや眼科での診察も、一時的な解決にはなったとしても、根本的に充血やかゆみが出なくなるわけではない。
そう思えてならないがいかがだろうか?

意識的にまばたきする運動を日常生活に

そこで一つ提案したいのだが、紫外線で充血しやすかったり、かゆみが出るなどしている方はできるだけ毎日、一定時間を割いてまばたきを意識的に多くするめの運動をしてみたらいかがだろうか?

やり方はいろいろあるようだが、私はたとえば1日3分~5分くらいの時間を割いて、目を大きく見開いた顔つきのまま、まばたきをする運動を200回くらい繰り返して行うようにしている。

元々これは眼精疲労やドライアイを解消するトレーニング方法だが、紫外線に対して抵抗力を高めたり、充血やかゆみを改善したりすると言う意味では一致しているはずなのだ。

まばたきを意識的に繰り返すことで微妙に目を動かす運動にもなるし、涙で潤う。

そして凝視を意識的にやめてリラックスさせることにもなる。
だから意識的に日常生活に生かしていただきたい。

そして最後になるけれど、そもそも紫外線アレルギーなどで目や肌にかゆみが出てきたり赤くなったりすること自体、体の免疫力の低下や低体温も関連している可能性もある。

だからできれば全身的な観点から、免疫力を高めたりする工夫や健康維持を考えていくべきだろう。

アイテムの駆使とともに抵抗力の維持も大切。
ぜひ心に置いていただきたい。

水野江麻

スポンサードリンク
Return Top