Read Article

愛情表現が苦手な女で困ってしまう?どうして良いのか分からない時にはコレ!

愛情表現が苦手な女で困ってしまう?どうして良いのか分からない時にはコレ!

大好きな彼氏に上手な愛情表現をしたい。
でも、どうしても恥ずかしくて出来ない。
そんな愛情表現の苦手な女だと、なんだか悲しい気持ちになってしまう。

なんとか苦手を克服したいけれど、だからって女の方から「好き」とか「愛してる」などと言ったりするのも恥ずかしくて引いてしまう。
それだからいつまでたっても苦手なままなんだ、と言われればそれまでだ。

ただ、自己弁護になるかもだけれど、むしろ私は日本人の女としてスタンダードではないだろうか?
だから私の悩みは多くの人が持つ悩みでもあるはず。

愛情表現が苦手なままでもちゃんと彼氏がいる女になっている、と安泰を気取っていてもやっぱり不安。
いったいどうすれば良いのだろうか?

スポンサードリンク

愛情表現はそのものズバリの言葉や行為だけではない?苦手な女が陥りやすい思考回路をチェック!

愛情表現と一口に言うと、苦手な人はこう考えるだろう。

『女の方からそういう風に「好き」とか「愛してる」など、言ってみれば歯の浮くような台詞を言ったりすること、またはその手の行為を求めたりしてあげようとする事』。

確かに外れていない。
けれども愛情表現というのは薄々お分かりの人も多いかも知れないけれど、もっと広くとらえることが出来る。

苦手な意識があるとどうしても
「愛情表現とは言葉でも行為でもそのものズバリを指すものだ」
と考えがちだ。
だからよけい苦手な意識を持ってしまう。
heart
アイラブユーなどと気楽に言える外国人とは違い、男でも女でも日本人は直接的に示さない様な愛情表現が豊富なはず。

だから日本人の女として露骨な言葉や行為を出来にくいのは、むしろ当然のこと。
だからそういう苦手意識は決して嫌うべきものではない。

特に最近では、特に草食系の男性も増えている。
なまじ外国人ふうにストレートな表現をすると、逆に墓穴を掘ることだってありうる話なのだ。

素直に甘えられない女?苦手をこうして克服するとウマい!

ただ、そういう日本特有の文化に慣れきっていると、いろいろと不安もつきない。

愛情や好きだという気持ちならたっぷりとあるはずなのに、いざそれが彼氏の目から愛情表現と見てもらえるか?
そんな不安から芽生えてくるのが苦手だという意識になる。

女として彼氏にたっぷり甘えたい。
その気持ちは濃厚にあるはずなのに、変に自分の気持ちを表現できなくなってしまう。
そしてむしろ「素直になれない」女になってしまっている。

愛情表現の苦手な女というのは、結局のところ自分の気持ちを直に表すのが気恥ずかしいという気持ちが先に立ち、表さなくなった分劣化・退化してしまったと言って良い。

スポンサードリンク

ポジティブでやんわりとした愛情表現を小出しに

だとすれば、一つの方法として苦手意識を一気にではなく徐々に無くしていく、そういう段階的に慣れていく方法をとっていけば良い。

自分で「これなら私でも出来る」という愛情表現は誰でもあるはずだ。

当然だが最初からあからさまに「大好き」「愛してる」などと言うのはウォッカの一気飲みに等しい。(爆笑)

それよりも日本文化特有の
“遠回しで、それでいてやんわりじわっと効果が現れる言葉や行為”
を心がけるのだ。

そういう方法の基本はポジティブということ。
明るく、彼氏が聞いて喜んでくれる、そして自分に対して愛情を感じてもらえる様な表現が良い。
これも絶対に大切だ。

例えば、ホンネとして言いたい「愛してる」「好き」というような愛情の告白が恥ずかしすぎるなら、それに近い意味で、しかも言っても照れくさくなりすぎない言葉に言い換えてしまうことだ。

例えば
・すごく嬉しい
・貴方って優しいのね
・今日は本当に楽しかった
・貴方と過ごせてとても満足
という具合。

もちろんご自身なりにいろいろ趣向を考えてアレンジしてもGoodだ。
女の自分の方からだったら、どう言うと自分が恥ずかしくなるのを避けて彼氏が喜んでくれるのか?
彼氏が好きな分、大奮闘して考えていけるはずでは無いだろうか?
二人
くどいようだが恥ずかしいのは日本人の女として当然のこと。
だから最初は小出しで良いので、タイミングなどを考えて控えめにすれば良い。

そして慣れてきたら徐々に濃いものにして、彼氏が一番満足するポイントがどこなのかを探るのだ。
これがまず、外すことのない方法と言える。

二人の将来のためにもしっかりと努力を

愛情表現がどうしても苦手というのは誰でもある。
同じ女の一人として同情もするしかない。

でも結局は学校の勉強と同じで、苦手意識があるからと言ってそれをスルーしたままでは、いつまでも彼氏から自分のことを正しく見てもらえない。

「コイツは本当に俺のことを好きで付き合ってくれているのか、それとも単なる腰掛けみたいに考えているのでは?」

付き合っていながらいつまでも冷めたようなリアクションしかしない女性は、男性からこう見られてしまうだろうし、ヘタをすれば関係が終わってしまう方向に行くことだって否定できない。

だからこう考えれば、愛情表現は出し方こそいろいろと考えさせるけれど、だからと言って放り出してノータッチばかりでいては絶対に良くない。

二人の関係をより素晴らしいものにするためにもがんばって取り組んでいただきたい。

丸山さくら

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958