Read Article

同棲がうまくいかない理由は分かっている?どうやって乗り越えるのかがポイントに!

同棲がうまくいかない理由は分かっている?どうやって乗り越えるのかがポイントに!

ちょっと目には結婚する間際の関係のようなもの、それが同棲。
だが意外とうまくいかない。
そのうまくいかない理由、ある程度想像がつくように思うのだがいかがだろうか。

同棲カップルの8割は結婚に行き着かないともいわれるけれど、じゃあなぜその8割は同棲へと走るのか?

答えは簡単、自分たちは残りの2割、つまり結婚に行き着くはずだと信じきっていたからこそだ。
そういう期待にほだされて、うまくいかない理由も、その成功率も低いと分かっていながらそれでも二人で住もうとなる。

でも、その理由が分かっていながら何の対策もとらないままだったらやっぱり破綻に向かうことの方が多くなる。
これも間違いないことだ。

こう考えると、8割に入る前に何か努力すべき事がありそうだ。

スポンサードリンク

うわべだけ理解し合っても心底理解する努力はしていなかった?

うまくいかない理由を総括してみれば、恋愛中の交際と同棲とを比べた場合、決定的になるのが今までのパートナーへの理解の程度が一気に深くなるということ。

うまくいかない理由は、そういう恋愛中の頃との大きな落差だ。
もちろん良い方への理解ではない。

同棲というのはお互いの日常生活を分け合うことになるから、それこそ欠点やクセなども余すところなく強引に見させられることとなる。
それこそ恋愛中の“甘い夢”は一気に崩れ落ちることだってあるだろう。

確かに同棲というと、何となくそういう甘い生活が待っている、大好きな彼氏と間近にいつも接している事ができる、という想いに駆られるはずだ。

だからこそ、うまくいかない理由が分かっていても同棲をしようとするカップルが絶えなくなるのだけれど、それで今で気づかなかった彼氏の態度や性格、クセがどうしてもクローズアップされてくる。

うまくいかない 理由としてよく言われる彼氏の欠点は次のようなものが多い。

・金遣いが荒い
・無計画で結婚の予定もはっきり言わない
・浮気
・「夜」も含めて生活がマンネリ
・家事を手伝わない
・外出やおしゃれの買い物などにとやかく口を挟む、過度に束縛する

これらは女性から見た男性に対する不満だが、もちろん男性側からもこのての発言がある。

要するにお互いの主張が平行線。
それが絶対に交わらなくなったとき、破局になる。
怒り

お互いに不満な点を吐き出して話し合うこと

じゃあ、こういう同棲がうまくいかない理由が見えてきたとき、いったいどうすれば良いだろうか?
それを考えて行くことがまず解決への糸口のはずだ。

一番良いのは、はっきりと口で伝えること。
遠慮せずに言うべきことは言えるような関係が必要だ。

相手に自分の正直な気持ちを伝えて理解してもらい、そして相手の欠点を指摘しながらどのようにすれば良いのか、しっかりとその後のフォローをすること。

欠点を指摘しただけでなじりっぱなしでは決して建設的ではない。
また、指摘した女性自身、聖人君子でもない限りやっぱり彼氏から見てどこか悪い点というのは絶対ある。

それらをお互いに吐き出してみたらどうだろうか?
余り積もり積もった状態になりすぎるとかえって本式のケンカになってしまうし、かといって遠慮ばかりして相手の気持ちを損ねることばかり気にかけているのも二人の関係にとって良くない。

同棲がうまくいかない理由は、お互いそういう風にごく間近にいながら、言うべきことをはっきり言わないこと。
そして言うべきタイミングを逃してしまうことにあるはずだ。

スポンサードリンク

初心忘れるべからず!化粧は女のたしなみ

男性側から見た女性の欠点のうち、ポピュラーというか、よく指摘されているものの中に化粧をしなくなること、すっぴんになってしまってスカートすらはかずジャージで通すようなケースがある。

ついつい化粧が面倒になってしまう、というのがそういう女性たちに共通の意見になるけれど、男性にとっては女性というのはやっぱり美しい存在でいて欲しい、という願望があり続ける。

同棲がうまくいかない理由として、けっこう大きな男性側の意見だから決して馬鹿にしてはいけない。

私の知人女性の話だが、男性と同棲した頃にはお風呂上がりなど部屋の中では服を一切まとわず、生まれたままの姿でテレビを見ている彼氏の後ろと言わず前と言わず歩き回っていたそうだ。

幸か不幸かその男性と結婚したは良いものの、子供ができてまだ小さいにもかかわらず、同じ事を子供たち、そして旦那の前でやっているとか。爆笑

自分一人のスペースを大切に

でも最後になるけれど、同棲がうまくいかない理由の中で、私が一番あげたいというのを語ってみたい。
二人とも知らないうちに陥っているかも知れないからだ。

それは完璧に互いのプライベートを無くそうとしてしまうことだ。
ずいぶん難しそうに聞こえるけれど、別に難しく考える必要はない。

ごく簡単に言えば、同棲生活を一人部屋でやろうとする、ということ、
一人で手一杯の居住スペースにもう一人割り込んでくる事だ。
ケンカ
経済的な理由などからよくあるパターンかも知れないけれど、そのために一人の空間が持てない、プライバシーが過度に保てなくなってしまう。
このため過干渉も生じるし、お互いのつまらないところが見えすぎてしまったりする。

場合によっては狭い部屋の中に二人いることで、イライラしてきたりもするだろう。

ぜひこういうポイントをチェックし、他にもうまくいかない理由があるかどうかを探ってみると良い。

また、二人の間での不満や心配事は一人で抱え込まないこと。
せっかく好きな彼氏がそばにいるのだから、頼るべき時は思いっきり頼る、言いたいことがあったら思いっきり話すことだ。

同棲というのは結婚の準備段階とよく言われるけれど、反面結婚したくないから続けているとも考えることだってできるし、現に男性にしてみれば結婚すると背負うものが多い。

そうして尻込みしながら年月が経ってしまい、別れ話になるケースも多いのだ。

そういう彼氏の悩み事も大いに聞いてあげて一緒に解決してみること。ぜひがんばっていただきたい。

水野江麻

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958