Read Article

乳がんのしこり?痛みがあるときは大丈夫って言うけれど、本当にそうなのか

乳がんのしこり?痛みがあるときは大丈夫って言うけれど、本当にそうなのか

30代、20代で乳がんにかかる人が増えている。
胸にしこりを見つけると、すわ乳がん?と蒼白になる女性も多いはずだ。

でも、しこりに痛みのある場合には普通、違うと言われている。
乳がんの早期、初期でしこりに痛みがある場合は少ないからだ。

ただし、痛みがあるからすぐに安心しきってしまい、放っておくのもかなり問題だ。

スポンサードリンク

痛みがあるしこりは乳がんではなく乳腺症!でも「異常なし」に怯える女性は多い?

婚歴や出産経験もない私たちが乳がんと間違えやすいしこりでよくあるのは乳腺症、という症状だ。
生理前にホルモンバランスが崩れる結果、乳腺にしこりが出来ることがある。
これがずきずきと痛みがあることが多い。

しこりを見つけると、痛みの有無にかかわらず、一番怖い乳がんを疑って病院へ駆け込み、乳腺症だという診断を受ける女性は多い。

けれど乳腺症自体は、病気の内にも入らないくらいの症状であり、実際触診やエコーでしっかり検査を受けた後、医師から「異常なし」と太鼓判を押されることになることも多い。

ただ、怖い話になってしまうけれど、痛みがあるからと言って全部乳がんではない、とは言いきれないようだ。

しこりに痛みを覚えた女性が検査を受けたところ、確かに乳がんだったという情報は目にしたことがあった。
ということは、乳腺症など良性だったら痛みを伴う、そういうケースは確かに大半になるけれど、そうとは限らない場合だってある、というわけだ。

とにかく一刻でも安心したいなら、そして万々一を考えれば、とにかく出来るだけ早く病院でしっかりと検査を受けるべきなのだ。

本当にそれこそ断頭台に上がる心境になるかも知れない。
けれど、これだけはもうはっきりと言うしかないと考えている。

看護師
安心して病院に行かないのは危険!

乳がんのしこりと見分ける方法 痛み以外に考えられるのは?

最近ではセルフチェックによるしこり発見のテクニックも進んできているようだ。
それ自体は病院や専門サイトでしっかり押さえていただきたい。

あと、痛みの有無の他に自分自身で行ってすぐに分かりやすい判別の方法はあるだろうか?

ひとまず2つあるようだ。
ただ、何れも確定的に「だから乳がんではない」と断言できるわけではない。
ともかくは医療機関の診断をしっかり受けることが最優先になるから、自己判断だけに任せるのは危険だと言うことを繰り返しておきたい。

それぞれ次のようになる。
1. 位置
乳がんのしこりは乳首の上部かつ外側に出来ることが最も多く、続いて内側、内側の真下(乳首の真横)、乳首の真下にできると言われている。

だが、これも絶対ではないし統計出そうなって入るにすぎない。
脇の下に出来ることもあるし、転移だってする。

元女子プロレスラーの北斗晶さん(48)が脇の下のリンパに乳がんが転移し、右胸部を全摘出したことはよく知られている。

2. 特徴や形
しこりが動く、コリコリしていて形がはっきり上から分かる場合には良性と言われているが、乳がんなど悪性の場合には、周囲の組織を破壊してしまっている。

このため周囲の組織と密接に絡み合ってしまっているので動くことがなく、また同じ理由からしこりの境界や形が分かりづらいのが特徴だ。

ただし、やっぱりこれも自分で判定は難しい。
元フリーアナウンサー、小林麻央さんも自宅で子供と遊んでいたとき、何気なしに胸を自分で触ったときに「パチンコ玉のようなしこりに触れた」と語っている。
そして同じように、動けば良性だと思ってしきりに動かそうとしてみたという。

気も動転してしまうだろうし、そうなればよけいに自分で正確には分からなくなってしまうにちがいない。
(参考 https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12199561410.html)

スポンサードリンク

悪性、良性ふたつの場合に言える原因、改善方法は?

そんなわけで、しこりにたとえ痛みがあるからと言って軽視しない、というか無視しないことが大切になる。

同じ女性として、無視したい、忘れたい、と願う気持ちは身にしみて分かる。
女性として大切な部分にできる乳がんというのは、本当に心底から憎んでもあまりある病気と言えるにちがいない。

だが、もっとその源流を探れば、悪性、良性に限らずなぜそういうしこりができてしまうのか?

もちろん医学的な根拠は専門家の説明を見るしかないけれど、むしろ私たち一般の女性にとっては、そういう原因が見つかったら、出来るだけそれを取り除くこと。

しこりに痛みがあるかどうか、乳がんを心配しなくてはならない年齢にさしかかってきたのではないだろうか、と言う心配と並んで最も大切になることではないだろうか。

原因とすれば遺伝や体質のような話もあるだろうし、大変ややこしいに違いない。
けれどここで、がんにかかりやすくなる要因が私たちにも分かる範囲で見えてくるかも知れない。

一つには過労を放っておき、それをどんどんためていってしまうこと。
私たちはどうしても休息を取ったりすると贅沢だ、と言う風潮がある。
だから勢いせっせと働き、睡眠や休息を削って仕事にがんばったりしてしまう。

だが、これが健康面からみれば間違っている様に思えるのだ。

二宮金次郎
二宮金次郎の2時間睡眠はムリ

特に日本人は世界の中で最も睡眠時間の短い国民の一つに挙げられている。

そういう勤勉の陰に体を犠牲にしているにちがいないし、だから年々、乳がんなども増えていることにつながるかも知れない。

しこりがあったが痛みがある、病院で詳しく検査しても良性だった、とひとまずほっとするのは良いけれど、大切なのはその後かも知れない。

自分の生活態度を振り返って、知らないうちに心身にムリをかけていないかどうか、睡眠や休息は十分とれているのかをしっかり確認すること。

そして、毎日を仕事、生活にがんばるのは良いけれど、一方で信念をしっかり持って、休むべき時には休む、睡眠は心身の健康に不可欠。
これを忘れないでいただきたい。

水野江麻

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958