Read Article

お腹が冷えるのは夏のせいだった?しっかり手早く良くなるためにすべきこと!

お腹が冷えるのは夏のせいだった?しっかり手早く良くなるためにすべきこと!

お腹の冷えるのは寒い季節とは限らない。
それどころか夏にはお腹が冷えるきっかけが意外と多くなる。

夏に必須のエアコンもそうだし冷たい食べ物飲み物、そして夏の過酷な暑さからくる疲労、寝不足などなど、考えて見れば1年で一番お腹が冷えるような原因が勢揃いしているからたまらない。

でも何とかしなくてはならない。
そんな季節だからこそ乗り切れる方法を考えていきたいものだ。
原因とともに手早く効果の出て来る対策、考え方をしっかり押さえてみよう。

スポンサードリンク

夏には腐るほど多い?お腹の冷える原因!

個人的な話をすると、私も確かに夏はお腹が冷える経験が増えてしまう。
というか、私などはその筆頭になる人間のはずだ。

夜に寝苦しくて布団や寝具をはだけてお腹を出して朝まで過ごし、しかもエアコン付けっぱなし。
寝苦しくてエアコン切ると眠れない。
そうして一晩過ごせば簡単に寝冷えで腹痛のできあがりだ。

暑い夏は、当然口にするものもキンキンに冷えている方がうれしい。
アイスクリームやジュース類、冷やし中華や冷製パスタ、そうめん冷や麦などなど、と、私の口はこういうものしか夏は受け付けない。

もったりしたものなどムリムリ。
他の方も多分似たり寄ったりではないだろうか?

でも、こういう食生活や生活習慣が積み重なって、暑い夏だというのになぜかお腹 がいつもより冷えることになる。
大まかにはこういうことだ。

もうちょっと細かく言えば、エアコンの環境に慣れてしまうと外に出づらくなる。
このためエアコンの室内と外気との温度差に体が付いていこうとして、よけい体の表面に血流が集中し、その逆に体の内部、つまり内臓などには血がいかなくなってしまうのだ。

そして体がストレスにさらされることとなり、体温調節に不可欠な自律神経のバランスも崩れてしまう。

これに寝不足もからんで疲労もたまるし、お腹の冷えるものばかり食べたり飲んだりするから、夏は1年の中でも思っている以上に過酷な季節となる。
夏

お腹がすぐ冷える夏だからこそ対策を?そこで見えてくる方法とは

でも、とにもかくにもそういうお腹が冷える夏に何とかして体調改善しなくては毎年困ってしまう。

確かに原因をみれば夏特有の自然環境から来るので、それに対抗するのは難しいかも知れないけれど、それでもちょっとしたアイデア次第でかなり楽になる方法がある。

もちろん医療機関やネットなど、いろいろ情報をたぐってみるとそういうものは本当に「あるある」状態だ。
その中には確かに有効なものも多い。

しかしながら意外と手間がかかったり、生活全般の見直しが必要になるとか、急場しのぎの方法などなど内容は様々だ。

もちろんその中でも簡単なもの、誰でもできそうなものをピックアップして見た。
それにプラスして、今回私が自分で試して良かったと思うものをお伝えしてみたい。

まず当然だが元々体力勝負になるのが夏。
その他威力をしっかり維持するためにはとにもかくにも夜はぐっすり十分に睡眠を取る、十分疲れを取ることだ。

だがこれが出来ないからこそ夏は困るはずだ。
熱くて寝苦しい、寝不足になりやすくなり、日中はエアコンと外気との温度差、冷たい食べ物飲み物。
どうやって解決できるのか?

スポンサードリンク

しっかり寝ること

とにかく疲労と寝不足をしっかり取ることが先決になる。よるは決まった時間に寝て、たっぷり7〜8時間の睡眠を取る毎日を何とかして過ごす事が大切だ。

エアコンをタイマー設定しておき、睡眠中に切れる方法がよく知られている。
これは確かに寝付きやすくなるけれど、逆にエアコンが切れた夜中に暑苦しくて目が冷めてしまうことが難点だ。
このため、
・なるべく室内温度を高めに設定(26〜28度)してタイマーを設定しておくこと。
・それで寝付きにくかったら、保冷まくらを一緒に使う。
睡眠

エアコンの室内設定と運動不足を解消

エアコンによる室内温度と外の温度との差が5度を超えると体に良くないというのもよく言われること。

しかしながらちょっと考えればお分かりの通り、外が32度、33度という猛暑の時に室内を気温差5度以内に保とうとしてみれば27、28度というかなり高温になる。

結構矛盾ではないだろうか?
これで耐えられるか?
はっきり言って私はムリだ。

こういうときには一つには、自分の方が高温になれることを目指すと良い。
もちろん本来的には26度くらいが自分的にもちょうど良い室温になるけれど、そうするまえに外に出て運動してみると良い。

ウォーキングなどで汗をかき、暑さに対する耐久力を付けること。
同時に体を鍛えて筋肉を付けること大切になる。
夏になぜお腹が冷えるかと言えば、涼しい室内にこもりがちで運動不足になり、筋肉も衰えて血液循環や代謝も衰えてくるからだ。

涼しい朝や夕方、30分くらいのウォーキングを毎日心がけて行くことで解消できるし、暑さにも慣れる。

冷たいものを食べたり飲んだりしたら温かいものをその後に

先に行っておくと、これはあくまでも私個人がやっていることになる。
だから医学的に正しいかどうかは分からないけれど、自分でやってみて確かに良かったのでお伝えしてみたい。

お腹が冷えるのを承知の上でも冷たいものを食べたり飲んだりするのは、熱い夏にはどうにも避けようがない。

その後で下痢したり腹痛になったりとすることも多いかも知れないが、そういう冷たいものを口にした直後に、がんばって温かい飲み物などを飲んでみてはいかがだろうか?

お茶やコーヒー、そしてお湯など、温かい飲み物を飲むことでお腹に入った冷たいものを温度的に“相殺”してしまうということ。

本来的にはお腹の冷えるものを口にすべきではないかも知れのがベストなことは言うまでもないから、あくまでもこれは次善の策。
そしてそれこそ自己責任で行っていただきたい。

そんなわけで、夏にありがちなお腹の冷え、その原因と対策を自分自身の体験も含めてご紹介してみた。
暑い日は何日も続くし、それを考えればウンザリしてストレスもたまってしまう。
それをこうした知識を使って少しでも楽になれるなら、と願いたい。

石井貴瑛 いしいたかあき

スポンサードリンク
Return Top
Warning: getimagesize(/home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/ochitsuite/lovelythirty.com/public_html/wp-content/themes/dp-elplano/functions.php on line 958